ラボとは思えない、リラックスできる空間

 ラボの場所は広島駅前のビルのワンフロア。中に入った最初の感想は、「これがラボ?」。実験室のような空間と思いきや、木を多用したナチュラルな内装。さまざまな形のテーブルやイスが設置された、おしゃれなオフィスという印象だ。

 ただよく見ると、畳敷きのスペースや一人で入る穴ぐらのようなスペース、簡単な調理ができるオープンキッチンなど、オフィスとは思えないところもある。「良い発想が出るときは、風呂に入ってホッとしたときなど、リラックスしているときが多い。畳に座ったり、立ったり、穴ぐらに入ったりなど、個々人がさまざまなスタイルでリラックスできる空間を重視した」(同ラボの山邊昌太郎クリエイティブディレクター)。

室内は木を多用したナチュラルで落ち着いた雰囲気
室内は木を多用したナチュラルで落ち着いた雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]
テーブルやカウンター、ベンチなどさまざまなスタイルで過ごせる
テーブルやカウンター、ベンチなどさまざまなスタイルで過ごせる
[画像のクリックで拡大表示]
簡単な調理ができるキッチンスペース
簡単な調理ができるキッチンスペース
[画像のクリックで拡大表示]
一人で入る穴ぐらのようなスペースも
一人で入る穴ぐらのようなスペースも
[画像のクリックで拡大表示]
奥には畳敷きのスペースがある
奥には畳敷きのスペースがある
[画像のクリックで拡大表示]