一番高い商品は40万円

 男性向け、女性向け商品合わせて約70型。一番安いものは約7万円、もっとも高いものは約40万円だ。「(世界各国でも)売れ筋は12万~14万円台。日本でもこの価格帯が中心になる」(森本氏)。

「LAC LA BICHE PARKA (ラ クラ ビッチェ パーカ)」(38万円)は男性向けで最も高額な商品。
「LAC LA BICHE PARKA (ラ クラ ビッチェ パーカ)」(38万円)は男性向けで最も高額な商品。
[画像のクリックで拡大表示]
女性向け商品もラインアップ。「Debbie bomber(デビー ボンバー)」(12万7000円)
女性向け商品もラインアップ。「Debbie bomber(デビー ボンバー)」(12万7000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 今シーズンは伊勢丹新宿店、GINZA SIX(ギンザ シックス)、阪急メンズ大阪など、ファッション感度が高い人が集まる百貨店を中心にポップアップショップを6カ所展開。「今シーズンは売り場作りなど商品の見せ方を考えながら、ブランドの認知を高める時期」と森本氏は話すが、いずれも売れ行きは好調。特に阪急メンズ大阪では爆発的な売り上げを記録しているという。また、すでに複数のセレクトショップから来シーズン以降の引き合いがあるという。

 「ビジネスパーソンの通勤服は、今後さらにカジュアル化していくはず。ムースナックルズを会社に着ていくことに違和感がないと感じる人は多いのではないだろうか」(森本氏)

(文/樋口可奈子)