昨年度、初めて開催され、全国3会場(東京、大阪、愛知)で総勢約7000人を動員した「HELLO KITTY RUN/ハローキティ ラン」が、セカンドシーズンとして2016年1月から開催される。その名の通り、サンリオの「ハローキティ」をメインキャラクターとしたランニングイベントで、“キティラー”たちにはたまらないイベントだ。

 今や日本のランニング人口は1000万人を超え、ランニングはライフスタイルの一つとして確立しつつある。走る目的はさまざまだが、これまで「健康増進」という日本人ランナーは少なくなかった。しかし、最近では「楽しい」を追求した「FUN RUN」と呼ばれる、新しいスタイルのランイベントが続々と登場。タイムを計測することなく、楽しさを追求するこのイベントは、国内外で幅広い年齢層に人気となっている。

 「HELLO KITTY RUN」もそのひとつで、「走ること」がメインではない。コンセプトは「HELLO KITTYと、“うれしい”“たのしい”を一緒に過ごす」こと。従来のマラソン大会のような時間制限はない。コースの途中に設置された、「HELLO KITTY」のフォトボードの前でゆっくりと記念撮影するなど、各ランナーは時間を気にすることなく自由に楽しめる。「走ること」を取り入れた「フェスティバル」。「ラン×フェス」というわけだ。

ビクターが手掛ける“ラン×フェス”が人気のワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ビクターが手掛ける“ラン×フェス”が人気のワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ビクターが手掛ける“ラン×フェス”が人気のワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ビクターが手掛ける“ラン×フェス”が人気のワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 セカンドシーズンでは、大阪(2月7日)、東京(2月14日)などで大会が開催される。昨年度に引き続き「HELLO KITTY」の応援を受けながらタイムを競う「5キロマラソン(東京)」「10キロマラソン(大阪)」、友人や家族と楽しみながら走る「30キロ・リレーラン」、そして新たに大会オリジナルバルーンやイルミネーションでデコレーションした中を走る「サンセット・ラン&ウォーク」などがあり、バラエティーに富んだ楽しみ方が可能だ。

 実はこれ、ビクターエンタテインメント(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)の関連会社JVCネットワークスが主催するランイベントなのだ。数々のライブイベントを手掛けてきた「エンターテインメントのプロ」が創出する非日常空間が売り。音楽も組み合わせた新たなライブイベントもこの秋に開催する。