次世代スタバは店内焙煎! サードウエーブ化するのか(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 1996年に、北米以外では初めて日本に出店したスターバックスも、この20年間ですっかり定着。2016年9月末時点で国内に約1200店舗、3万人以上の従業員を抱える巨大企業となった。一方、最近ではコーヒーの豆にフォーカスし、ハンドドリップを売りにしたサードウェーブコーヒーの人気が拡大している(関連記事「大手飲食も参入! 「サードウェーブコーヒー」って何だ?」)。

 そんななか、スターバックス コーヒー ジャパンは、“次世代スタバ”として、国内初となる焙煎(ばいせん)設備併設の新コンセプトストア「スターバックスリザーブロースタリー」(以下、ロースタリー)を2018年12月、東京・中目黒にオープンすることを発表した。

 ロースタリーの世界1号店は、シアトルに2014年にオープン。スターバックス史上最も成功した出店の一つといわれ、同社では2017年に上海、2018年にニューヨークと東京と、次々にロースタリー出店を予定している。

 日本1号店の敷地面積は1200平米で、設計を担当するのは建築家の隈研吾氏。同氏は「スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店」(福岡県太宰府市)も手がけている。イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのフードやパンも取り扱う予定だ。

 焙煎設備併設のカフェといえば、ブルーボトルコーヒーをはじめとした、ハンドドリップを売りにしたサードウェーブカフェの象徴だ。エスプレッソを原点として発展し続けたスターバックスがついにサードウェーブの方向に進んでいくのだろうか。

「北米以外では初めて出店した日本は、スターバックスにとって重要なマーケット。日本での成功がなければ世界進出の成功はなかった」と語るハワード・シュルツ会長兼CEO。背景のビジュアルは米シアトルにあるロースタリーブランドの店舗
「北米以外では初めて出店した日本は、スターバックスにとって重要なマーケット。日本での成功がなければ世界進出の成功はなかった」と語るハワード・シュルツ会長兼CEO。背景のビジュアルは米シアトルにあるロースタリーブランドの店舗
[画像のクリックで拡大表示]
設計を担当する建築家の隈研吾氏。(背景は同氏が設計した「スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店」)。入口から店内にかけて伝統的な木組み構造を用いており、店舗の奥庭には太宰府天満宮のシンボルでもある梅の木が植えられている
設計を担当する建築家の隈研吾氏。(背景は同氏が設計した「スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店」)。入口から店内にかけて伝統的な木組み構造を用いており、店舗の奥庭には太宰府天満宮のシンボルでもある梅の木が植えられている
[画像のクリックで拡大表示]
米シアトルに2014年にオープンしたロースタリー1号店
米シアトルに2014年にオープンしたロースタリー1号店
[画像のクリックで拡大表示]
同じくシアトルのロースタリー1号店。巨大な焙煎設備に目を奪われる
同じくシアトルのロースタリー1号店。巨大な焙煎設備に目を奪われる
[画像のクリックで拡大表示]