消費産業はハロウィーンを「稼げるイベント」に成長させたい

 年々、日本ではその市場規模の拡大が続き、この20年ほどの間に推計1200億円を超えるマーケットを作り出したとされるハロウィーン。以前の取材記事 「視線を奪う『コスプレ用ヌーブラ』がコミケ前にバカ売れ」で紹介したように、仮装を楽しむ若者のハロウィーンイベントがここ数年、ブームを盛り上げている。

 毎年10月31日に行われるハロウィーンは、元々は古代ケルト人の収穫祭が起源とされ、死者(祖先)とともに集い、悪霊をはらう意味合いを持つ宗教行事だった。祭りのとき、精霊や死者といったスピリチュアルな存在を体現するのが子どもであり、彼らは化粧や仮装をして死者を演じる。中に明かりを灯したカボチャのお化け(提灯)は死者のための迎え火、悪霊をはらう魔除けの火として飾られるようになった。

 ――というのだが、そうした宗教色は現代では薄れ、ハロウィーンは大衆行事として広まり、特に米国では商業化が著しく、大規模な商戦が熱を帯びる。日本の市場も、消費を刺激する秋のイベントとして盛り上がりを期待し、目下ハロウィーン商戦たけなわ、といったところだ。

 商戦をはたで見ていると、消費者の気分をなんとしてもアゲよう、財布のヒモを緩めさせたいと意気込む商魂を感じずにはおれない。ハロウィーン当日まで連日開催!とうたう期間限定メニュー、ハロウィーンジャンボ宝くじ、ホラーナイトは絶叫ハロウィーン、ハロウィーンは着物で大集合!など、今だけの特別感を演出する商売のなんと多いことか。関係なさそうな食品までパッケージにひと工夫する。スーパーで買ったおかめ豆腐はカボチャのお化け、金のつぶ納豆もコウモリやウイッチハット(魔女の黒い帽子)の絵入りだ。レジ打ちの中年女性は頭にハロウィーン仮装用のカチューシャを付けて(付けさせられて)いた。

 日本のハロウィーン市場は、今は普及期の段階といわれる。専門家の調査によれば、ハロウィーンにちなんだ行動をしたことがある人はまだ全体の2割弱。消費産業はハロウィーンを“稼げるイベント”に成長させたいはずだ。

「カボチャのお化け」(ジャックオーランタン)の飾り物。頭にはウイッチハット(魔女の黒い帽子)をかぶっている
「カボチャのお化け」(ジャックオーランタン)の飾り物。頭にはウイッチハット(魔女の黒い帽子)をかぶっている
[画像のクリックで拡大表示]