江崎グリコ(以下、グリコ)は2016年10月1日、エキナカで土産物店やコンビニエンスストアを運営するJR東日本リテールネットと共同開発したチョコレート菓子「Bitte <TOKYO FUSION>(ビッテ トーキョーフュージョン)」を東京駅限定で発売した。

「Bitte<TOKYO FUSION>(ビッテ トーキョーフュージョン)」(8枚入り、1000円)。東京駅八重洲南口改札内のギフトガーデン東京南口、NewDays東京京葉ストリート、駅構内の雑貨店「STANDBY TOKYO」、東北・上越新幹線ホームのキオスクなどで販売
「Bitte<TOKYO FUSION>(ビッテ トーキョーフュージョン)」(8枚入り、1000円)。東京駅八重洲南口改札内のギフトガーデン東京南口、NewDays東京京葉ストリート、駅構内の雑貨店「STANDBY TOKYO」、東北・上越新幹線ホームのキオスクなどで販売
[画像のクリックで拡大表示]

 「東京は世界中から多種多様なモノが集まる都市」というコンセプトのもと、世界各地から選んだ素材を使用。フランス産の岩塩と米国産のアーモンドを使用したビスケット生地でクリームをサンドし、ガーナ産のカカオを使用したチョコレートでコーティングしている。食べやすく配りやすい個包装タイプで、グリコは「帰省土産だけでなく、東京駅近郊で働く人のちょっとしたお土産としても使ってほしい」と話す。

クリーム部分はオーストラリア産のクリームチーズ、タイ産のパイナップル、北海道産の生クリーム、ジャマイカ産のラム酒を混ぜ合わせている
クリーム部分はオーストラリア産のクリームチーズ、タイ産のパイナップル、北海道産の生クリーム、ジャマイカ産のラム酒を混ぜ合わせている
[画像のクリックで拡大表示]