トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車は小型コミュニケーションロボット「KIROBO mini(キロボミニ)」を2017年にトヨタ車の販売店を通じて発売する。価格は3万9800円で、月額300円ほどのシステム利用料がかかる。全国販売に先立ち、今冬に東京都と愛知県の一部販売店で先行販売する計画だ。

 コンセプトは「いつも寄り添い心を通わせる」。話し相手の表情やしぐさなどを認識して会話が楽しめるという。

丸みを帯びた、赤ちゃんのようなしぐさのキロボミニ

 2016年10月4~7日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン 2016)」に出展して人気を集めたキロボミニは、「第44回東京モーターショー2015」で初公開された。モーターショーで集めた2000件以上のアンケート結果により、より丸みを帯びた、なおかつ頭が少し大きく赤ちゃんのしぐさを思わせるかわいらしいデザインに変更。座高10cm、重さ183gという手のひらサイズで、自動車のカップホルダーにも入る。

 キロボミニには「キロボ(KIROBO)」のノウハウが生かされている。キロボは国際宇宙ステーション(以下、ISS)に滞在するロボット宇宙飛行士としてトヨタ、電通、東京大学先端科学技術研究センター、ロボ・ガレージが開発。2013年8月10日からISSに滞在し(2015年2月11日に帰還)、宇宙飛行士の若田光一氏と「宇宙での人とロボットとの対話実験」に世界で初めて成功した。

トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

トヨタらしくないチャレンジ?

トヨタ自動車 吉田守孝氏
トヨタ自動車 吉田守孝氏
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 工業製品でありながら“愛車”などと“愛”が付く商品を作ってきたトヨタが、クルマ以外にも「かけがえのないパートナー」をつくるプロジェクト「TOYOTA HEART PROJECT(トヨタハートプロジェクト)」の成果が今回のキロボミニだという。

 同プロジェクトでキロボミニのコンセプトとして掲げたのは、「共感(心が動く、心を感じる)」「共在(併せ持つ、かしこい頭とやさしい心)」「共鳴(呼応する、反応する)」「共有(思い出を共有する)」「共育(成長する、自分に合わせて変化する)」「共生(人と共生する)」「共創(共につくる)」の7つ。

 同社Mid-size Vehicle Company Presidentの吉田守孝氏は「キロボミニはクルマとは違い、ユーザーの手元に届いたときは未完成。コミュニケーションに大事なやさしさや思いやりの心といった情緒的価値に重きを置いており、雑談のような何気ない会話を通じてコミュニケーションを楽しみ、少しずつ成長しながらパートナーになっていく存在。トヨタらしくないという点がチャレンジ」と話す。

トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタが小型ロボ発表、なぜVAIO工場で生産?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]