「エマニエル椅子」から着想した“自堕落”座椅子

 「こもれる毛布付きのあぐらクッション」は、毛布ですっぽり体を包めるので、スナック菓子の大袋を抱えていても、だらしない服装でいても見えないのが気楽。あぐらでもくつろげる大きめクッションが、ほどよい固さと軟らかさのバランスで居心地がいい。また、かぶっただけで汗が出るほど保温性が高かったので、寒がりの人にも向いていそうだ。毛布の手ざわりが気持ちよく、参加者から「裸でくるまりたい」という声も聞こえた。確かに“冬でも家では裸族”派にいいかもしれない。

筒状ブランケットの中にあぐらクッションを内蔵した「こもれる毛布付きのあぐらクッション」(5490円)。ネイビー、マルチカラーの2色。立ち上がってもすっぽり体が隠れるサイズだ
筒状ブランケットの中にあぐらクッションを内蔵した「こもれる毛布付きのあぐらクッション」(5490円)。ネイビー、マルチカラーの2色。立ち上がってもすっぽり体が隠れるサイズだ
[画像のクリックで拡大表示]
生地は肌ざわりのいいマイクロファイバーで、クッション部分はほどよい軟らかさの硬わたクッションでできている
生地は肌ざわりのいいマイクロファイバーで、クッション部分はほどよい軟らかさの硬わたクッションでできている
[画像のクリックで拡大表示]

 映画「エマニエル夫人」に出てくる籐(とう)椅子から着想したのが、背もたれ部分と両サイドに高さがある「包み込まれるような折りたたみ座椅子」。普通の姿勢で座っていると包まれる感覚はあまり感じないが、背もたれに体を預けてだらしない格好で座ると、サイドの生地が目隠しになって包まれている感じになる。外側にも内側にもポケットやフックがたくさんあるので、こたつ用座椅子にもよさそうだ。コンパクトに折りたためるようにサイドを薄い布にしているが、サイドもクッションならもっと安定感が良かったかもしれない。

リラックスタイムに必要なものが全て持ち込める個室タイプの座椅子「包み込まれるような折りたたみ座椅子」(1万900円)。グレー、ネイビーの2色。座面もかなりの広さがあり、どんな姿勢でもくつろげる。ティッシュをサッと取り出せるティッシュ専用ポケットや雑誌やタブレットも入る大きめポケットが3つ、メガネやお菓子を定位置にセッティングできるループ付き。サイドが軟らかい布製なので、コンパクトに折りたたんで持ち運びできる
リラックスタイムに必要なものが全て持ち込める個室タイプの座椅子「包み込まれるような折りたたみ座椅子」(1万900円)。グレー、ネイビーの2色。座面もかなりの広さがあり、どんな姿勢でもくつろげる。ティッシュをサッと取り出せるティッシュ専用ポケットや雑誌やタブレットも入る大きめポケットが3つ、メガネやお菓子を定位置にセッティングできるループ付き。サイドが軟らかい布製なので、コンパクトに折りたたんで持ち運びできる
[画像のクリックで拡大表示]

 オールインワンタイプの“着る毛布”は他社でもよく見る商品だが、「動き回れる着る毛布」はダブルファスナーの下の部分を開けて裾部分を肩にかけると、丈が短くなる。トイレに行くたびに全部脱がなくてもいいのが便利だ。

「動き回れる着る毛布」(3990円)。ココア、ビスケットの2色
「動き回れる着る毛布」(3990円)。ココア、ビスケットの2色
[画像のクリックで拡大表示]
ダブルファスナーで、下部分のファスナーを開けて肩にかければ短くできる
ダブルファスナーで、下部分のファスナーを開けて肩にかければ短くできる
[画像のクリックで拡大表示]