全商品にバーコードを掲示

 新サービスに対応するために、渋谷公園通り店では陳列されている多くの商品に、値札と併せて個別のバーコードが掲示されている。バーコードを手ぶら de ショッピング機能を使って読み込むことで、アプリ上の買い物リストに追加される。こうして、欲しい商品のバーコードを次々と読み込んでいく。このアプリの買い物リストが、そのまま店舗での買い物かごにもなる。リストに追加された商品一覧にはすべて個別のバーコードが表示されている。この画面を店舗のレジで提示して、画面上のバーコードをレジで読み取るだけで会計できるのだ。

サイズの大きい家具などは配送ニーズが高い
サイズの大きい家具などは配送ニーズが高い
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷公園通り店では商品の値札にバーコードが印刷されている
渋谷公園通り店では商品の値札にバーコードが印刷されている
[画像のクリックで拡大表示]
「手ぶら de ショッピング」の買い物リストに商品を追加したい場合、値札のバーコードをアプリで読み取る
「手ぶら de ショッピング」の買い物リストに商品を追加したい場合、値札のバーコードをアプリで読み取る
[画像のクリックで拡大表示]

 店舗では購入する商品を決めきれず、家でじっくり検討してから購入したいーー。そんなニーズにも対応している。店舗で作成した買い物リストは、そのままネットショッピングにも利用できる。リストの中から不必要な商品を削除して、必要な商品だけを残した状態で「ネットショップで購入」ボタンをタップすると、リストの商品がすべてカートに入った状態でニトリのECサイトが開くので、そのまま注文を完了できる。ネットショップ上で商品を探したり、1個ずつカートに入れたりといった手間が省ける。

バーコードを読み取った商品はアプリ上でリストとして管理できる
バーコードを読み取った商品はアプリ上でリストとして管理できる
[画像のクリックで拡大表示]
「ネットショップで購入」ボタンをタップすると、すべての商品がカートに入った状態でECサイトが表示される
「ネットショップで購入」ボタンをタップすると、すべての商品がカートに入った状態でECサイトが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 このように店舗で見て、ネットで購入するといった消費行動は、店舗がまるでショールームのように利用されることから「ショールーミング」と呼ばれる。このショールーミングが広がることを危惧する流通企業は少なくない。だが、そういった意見に対して小林氏は異を唱える。「世の中の流れ的に、消費者がそういった買い方をすることは止められない。企業は逆にそういった消費行動をしやすい環境を提供していくべきだろう」。