パルコの8割が上野初、2割が地元ゆかりの企業 

 上野フロンティアタワー地下1階に新設される松坂屋上野店フロアの中央で大きな面積を占めるのが、観光案内所の機能を持ち、地域の情報発信や物販・イベントを行う「上野が、すき。ステーション」。上野案内所を設置し、上野エリアの情報や魅力を発信するとともに、周辺の有名店や老舗の商品のコラボレーション商品を販売。ワークショップなどを実施するコミュニティスペースも併設している。さらに上野をイメージする雑貨ショップを5ブランド展開するという。

 1階から6階を占めるパルコがPARCO_yaと屋号を変えたのは、ショップ構成がほかのパルコと全く異なるためだという。PARCO_yaでは、68店舗のうち約4割がパルコとして初めて取り組む企業。上野御徒町エリア初登場の店舗が52店舗と約8割を占める。一方の残り2割はマーケットとの親和性も重視し、地元(台東・文京・千代田)ゆかりの11店舗が占めている。地元老舗企業と他ジャンルとのコラボによる業態開発も独自に行うという。

 1400席というシネコンプレックスのオープンに伴ってニーズが高まるのが飲食店だが、松坂屋上野店には百貨店につきもののレストラン街がない。そこでPARCO_ya6階には全9店舗のレストラン街「口福回廊(こうふくかいろう)」をオープン。上野の地元店舗としては、老舗有名店「上野藪そば」の新業態「うえの やぶそば」、焼肉の街・上野で長年営業する「上野 焼肉 陽山道」が初のビルイン出店。また上野は“北への玄関口”として栄えてきた歴史があるため、それを象徴する飲食店として「北海道 くろまる」「金沢まいもん寿司」「仙臺牛たん炭焼利久」と北の有名店もそろえたという。

 特に注目したいのは「うえの やぶそば」。明治25(1892)年創業の老舗だが、「店の名前を“藪”から“やぶ”に変えているのは、伝統を受け継ぎつつ新しいことに挑戦する藪そばにしたかったから。初の試みとして、日本のそば粉を使ったガレットなども提供する」(パルコ上野店 小林昭夫店長)。また施設の顔となる1階には、ミシュランの星を獲得している割烹「くろぎ」のシェフ・黒木純氏が手がける新業態「廚 otona くろぎ」や、上野エリア初登場「ディーン&デルーカ カフェ」もオープン。そのセレクトからも「この街を変えたい」という意気込みが伝わってきた。

上野松坂屋地下1階。街歩きを楽しむためのフロアと位置づけ、壁面に婦人靴を約60ブランド展開
上野松坂屋地下1階。街歩きを楽しむためのフロアと位置づけ、壁面に婦人靴を約60ブランド展開
[画像のクリックで拡大表示]
フロア中央には観光案内所の機能を持たせた「上野が、すき。ステーション」を新設
フロア中央には観光案内所の機能を持たせた「上野が、すき。ステーション」を新設
[画像のクリックで拡大表示]
「PARCO_ya」という屋号の英文字表記「ya」は、「yet another=もうひとつの」の略で、今までの「PARCO」に対しもうひとつの新しい「PARCO」という意味。また、日本語の「や」は、花火やお祭りの際の威勢のいい掛け声、日本の老舗をイメージさせる「〇〇屋」などをイメージしたという
「PARCO_ya」という屋号の英文字表記「ya」は、「yet another=もうひとつの」の略で、今までの「PARCO」に対しもうひとつの新しい「PARCO」という意味。また、日本語の「や」は、花火やお祭りの際の威勢のいい掛け声、日本の老舗をイメージさせる「〇〇屋」などをイメージしたという
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)