百貨店の隣に出店するのはチャンス

 なぜ百貨店としてのリニューアルではなく、複合商業施設としたのか。J.フロント リテイリングの山本良一社長はその理由のひとつとして、“異分子結合”への挑戦を挙げた。「異なる事業を組み合わせることで互いの強みをいかし、最大のシナジーを生み出すことができる。弊社が手掛けたギンザシックスもオープン以来、好調に推移しているが、これも事業の異なる4社が協働したからこそ。当タワーができたことで、今まで街を訪れなかった人までも呼び込む、起爆剤にしたい」(山本社長)。

 大丸松坂屋百貨店の好本達也社長は、「オフィスはすでに満室になっており、ニーズがいかに高かったかが分かる。この御徒町エリアはJRと地下鉄の5つの路線が乗り入れるとともに、最寄りの都営バス停留所からは毎日1000本以上の路線バスが運行している」と、エリアのポテンシャルの高さを強調した。

 パルコの牧山浩三社長は上野松坂屋との協業の理由について「パルコは1969年に池袋でスタートしたが、同じ場所に西武百貨店があったので『同じ百貨店をつくってもしかたがない』と考えたのが原点。隣に百貨店があることで客も連動するので効率が良い。今回もむしろ絶好のチャンスと考えた」といい、「渋谷PARCOはサブカルチャーを育てることから始めたが、上野には元から本物の文化がある。その文化をさらに成熟させ、元気になるような何かをプラスしていきたい」(牧山社長)。そのため、大人にも支持されるショップを68店舗そろえ、テナント年間売り上げ60億円を目指すという。

左からパルコの牧山浩三社長、大丸松坂屋百貨店の好本達也社長、J.フロント リテイリングの山本良一社長、上野観光連盟会長の二木忠男氏
左からパルコの牧山浩三社長、大丸松坂屋百貨店の好本達也社長、J.フロント リテイリングの山本良一社長、上野観光連盟会長の二木忠男氏
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
最終パラグラフ、「テナント年間売り上げ68億円を目指す」としておりましたが、正しくは「テナント年間売り上げ60億円を目指す」でした。お詫びして訂正します。[2017/9/21 13:49]