4階と9~13階は東急ホテルズが運営する「渋谷ストリームエクセルホテル東急」。4階にはフロントとラウンジがあり、バーアンドダイニング「TORRENT(トレント)」とシームレスにつながっている。

「渋谷ストリームエクセルホテル東急」のロビー
「渋谷ストリームエクセルホテル東急」のロビー
[画像のクリックで拡大表示]
4階のバーアンドダイニング「TORRENT」では、フランスの星付きレストランで研鑽を積んだシェフによる「日本を感じさせる」料理を提供。小さなたい焼きの皮の中にわらび餅を詰めた「TAIYAKI」、スポイトでカラメルソースを注入するプリンなど、スイーツからも料理のユニークさが感じられる
4階のバーアンドダイニング「TORRENT」では、フランスの星付きレストランで研鑽を積んだシェフによる「日本を感じさせる」料理を提供。小さなたい焼きの皮の中にわらび餅を詰めた「TAIYAKI」、スポイトでカラメルソースを注入するプリンなど、スイーツからも料理のユニークさが感じられる
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントにはデリバリーサービスロボット「リレイ」を導入。通常時はフロントで待機しているが、オーダーがあれば上部に設けたトランクにアメニティーや貸出備品を入れて客室まで届ける。また、各フロアにはそれぞれにコンセプトを設けた「マイスタールーム」を用意しているのも特徴的。10階には靴磨きのプロを配置したシューケアのコーナーを、11階にはクローゼット型のホームクリーニング機「LGスタイラー」を設置している。

宿泊者向けサービスにデリバリーサービスロボット「リレイ」は、自立走行しながら障害物を回避しエレベーター操作を行い、指定した場所に商品を届けることができる
宿泊者向けサービスにデリバリーサービスロボット「リレイ」は、自立走行しながら障害物を回避しエレベーター操作を行い、指定した場所に商品を届けることができる
[画像のクリックで拡大表示]
各フロアのエレベーターホール前に「マイスタールーム」を設置。11階にはクローゼット型のホームクリーニング機「LGスタイラー」、ランドリー、アイロンを設置
各フロアのエレベーターホール前に「マイスタールーム」を設置。11階にはクローゼット型のホームクリーニング機「LGスタイラー」、ランドリー、アイロンを設置
[画像のクリックで拡大表示]
「スタンダードダブル」(23.8~24.8平方メートル)。一部バスタブなしの部屋もあり。1室2人で4万1580~4万2768円(税・サービス料込み)
「スタンダードダブル」(23.8~24.8平方メートル)。一部バスタブなしの部屋もあり。1室2人で4万1580~4万2768円(税・サービス料込み)
[画像のクリックで拡大表示]
3人まで泊まれる「デラックスコーナーツイン」(46.5平方メートル)は1室2人で9万288円
3人まで泊まれる「デラックスコーナーツイン」(46.5平方メートル)は1室2人で9万288円
[画像のクリックで拡大表示]

 また、4階には、2018年内にサイクルカフェ「TORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT(トルク スパイス&ハーブ テーブル&コート)を開業予定。自転車ユーザー向けの情報提供に加え、自転車通勤をする人をサポートする場にするという。

 実際に施設内を回ってみて、ターミナル駅のすぐそばとは思えないほどゆとりのある空間に驚いた。吹き抜けを多用して窓を大きくした空間デザインの効果もあるだろうが、通路も郊外の商業施設並みに広々としている。また、物販がほとんどなく、飲食店や食のショップだけを約30店舗も集めた商業施設も珍しい。しかもその半分近くが渋谷ストリームに向けて作られた新業態だ。これまで訪れる人が少なかった渋谷駅南側エリアに何としても人の流れを作りたいという、東急電鉄の意気込みが伝わってきた。

(文/桑原恵美子)