トランジットが手がける「日本初上陸パエリア」

 3階は1~2階とは対照的に、シックで大人っぽい雰囲気が漂う。このフロアには9店舗が出店。最大の注目は日本初上陸のスペイン料理店「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」だ。1992年にスペイン・バルセロナでオープンして以来、25年以上にわたって地元の人に愛され続けている人気店で、「バルセロナで一番おいしいパエリアを提供するシーフードレストラン」という評判もあるほど。「アイスモンスター」「グズマン イー ゴメズ」「ドミニク アンセル ベーカリー」など、海外で人気の飲食店を次々に日本に上陸させて成功しているトランジットジェネラルオフィスのプロデュースとあって、注目を浴びるのは確実だろう(関連記事 「表参道“日本初上陸”の仕掛け人、次に狙うのは? トランジットジェネラルオフィス 中村貞裕氏」)

 
トランジットジェネラルオフィスがプロデュースするスペイン料理「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」。入り口をくぐってすぐ右手にあるオープンキッチンでパエリアを作っている様子が見られる
トランジットジェネラルオフィスがプロデュースするスペイン料理「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」。入り口をくぐってすぐ右手にあるオープンキッチンでパエリアを作っている様子が見られる
[画像のクリックで拡大表示]
チリンギート エスクリバでは新鮮な魚介類をふんだんに使用した「タコのガリシア風」(税別1600円)や魚介のエキスが凝縮された「エスクリバパエリア」(税別3400円)、色鮮やかなサングリアなどを提供
チリンギート エスクリバでは新鮮な魚介類をふんだんに使用した「タコのガリシア風」(税別1600円)や魚介のエキスが凝縮された「エスクリバパエリア」(税別3400円)、色鮮やかなサングリアなどを提供
[画像のクリックで拡大表示]
全84席(テーブル76席、カウンター8席)。さまざまなタイプのシートがあり、入り口近くのボックス席からは1階の大階段を見下ろすことができる
全84席(テーブル76席、カウンター8席)。さまざまなタイプのシートがあり、入り口近くのボックス席からは1階の大階段を見下ろすことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 もうひとつの注目店は、「クラフトビールタップ グリル&キッチン」。クラフトビールを提供する店はもう珍しくないが、同店ではグラスの底からビールを注ぐ「ボトムス アップ」というビールサーバーシステムを導入。新宿、銀座、秋葉原、梅田に続き5店舗目だが、都内ででボトムス アップを導入しているのは渋谷ストリームの店舗だけだという。通常のサーバーシステムよりも空気に触れる割合が少ないため、より鮮度のいい状態で味わえるとのこと。

独占直輸入の世界のクラフトビールを集めた本格ビアバー「クラフトビールタップ グリル&キッチン」では、ボトルビールと樽生ビール45種類以上をそろえている
独占直輸入の世界のクラフトビールを集めた本格ビアバー「クラフトビールタップ グリル&キッチン」では、ボトルビールと樽生ビール45種類以上をそろえている
[画像のクリックで拡大表示]
ボトムス アップは底に穴が開いている専用のグラスを使用。底にマグネットのプレートを付けてサーバーにセットすると下からビールが注がれる。注ぎ終わったあとはマグネットのプレートが底ぶたになるので、ビールがこぼれることはない。300mlのグラス入りで税別800円~
ボトムス アップは底に穴が開いている専用のグラスを使用。底にマグネットのプレートを付けてサーバーにセットすると下からビールが注がれる。注ぎ終わったあとはマグネットのプレートが底ぶたになるので、ビールがこぼれることはない。300mlのグラス入りで税別800円~
[画像のクリックで拡大表示]
3階は大人向けのシックな雰囲気
3階は大人向けのシックな雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]