セブン&アイ・ホールディングスグループのドラッグストア「セブン美のガーデン」が、資生堂との共同開発でボディケアのPB(プライベートブランド)「sept beaute」(セプトボーテ)を立ち上げた。2016年9月28日にボディ用乳液やハンドクリームなどの計8商品を発売する。

 ブランドのコンセプトは、「アロマ」。かんきつ類をイメージした「リチャージの香り」とハーブをイメージした「リラックスの香り」の2ラインを用意している。

ピンクのパッケージの「リチャージの香り」と紫のパッケージの「リラックスの香り」の2ライン。「アロマミストシャワー」(30ml、900円)、「アロマハンドトリートメント」(30g、900円)、「アロマボディーミルク」(150ml、1200円)、「アロマボディーバター」(70g、1200円)など
ピンクのパッケージの「リチャージの香り」と紫のパッケージの「リラックスの香り」の2ライン。「アロマミストシャワー」(30ml、900円)、「アロマハンドトリートメント」(30g、900円)、「アロマボディーミルク」(150ml、1200円)、「アロマボディーバター」(70g、1200円)など
[画像のクリックで拡大表示]

 セブン美のガーデンの主な利用者層は30代から40代の女性。同社によると、この世代はボディケアに関して、肌の乾燥などのトラブル対策と同時に香りによる癒やしやリフレッシュを求めているという。そこで、脳科学研究を化粧品開発に応用し、脳に働きかけるフレグランスなどを展開している資生堂と手を組み、セプトボーテを開発した。

 開発にあたっては、セプトボーテの2種類の香りを嗅いだときの脳の血流と心拍数の変化を測定し、香りへの反応をデータ化。入浴後の使用を想定し、「イライラしたときにはリラックスの香り、落ち込んだときはリチャージの香りで、一日の終わりに小さなご褒美を自分自身に与えてほしい」と提案している。

セブン美のガーデン店内の様子。ほとんどの店舗がイトーヨーカドー店内に併設されている
セブン美のガーデン店内の様子。ほとんどの店舗がイトーヨーカドー店内に併設されている
[画像のクリックで拡大表示]