画像認識システムを開発するアイテックとの協業で制作したインタラクティブマネキン「IMPビュー」。首元に仕込んだカメラで客の動向を読み取り、さまざまなデータを収集する(画像提供:七彩)
画像認識システムを開発するアイテックとの協業で制作したインタラクティブマネキン「IMPビュー」。首元に仕込んだカメラで客の動向を読み取り、さまざまなデータを収集する(画像提供:七彩)

顔が七変化? 客と会話も? マネキンの進化に驚いた

2018年08月27日
  • マネキンメーカーの七彩は「IMPシリーズ」と称する次世代型マネキンの開発を2014年より着手した。写真は、そのプロトタイプのイメージ例をグラフィックで描いたチラシ(画像提供:七彩)
  • フランスの彫刻家「ダルナ」の名を冠したシリーズの1つで、パリモードの香りが色濃く漂う。1959年制作。ウエストは47㎝。当時の理想の身体美を表現したもので、業界に旋風を起こした(画像提供:七彩)
  • ツイギータイプのマネキン。腰骨、鎖骨、膝頭、肩甲骨が初めて表現され、人体らしさに一歩近づいた。大森達郎作、1968年(画像提供:七彩)
  • バブル経済期のファッションを体現するような、いかり肩のボディが特徴的。加野正浩作、1985年(画像提供:七彩)
  • バブル時代の香りを強烈に感じるマネキンと装い(画像提供:七彩)
  • PUFF(パフ)と名付けられた、ぽちゃカワのマネキン(画像提供:七彩)
  • 七彩の商品本部長を務める一ノ瀬秀也氏
  • 次世代型マネキン「IMPシリーズ」の開発第1弾となるプロトタイプを使ったデモ例。映像をマネキンの顔の前面に投影する。マッピングではなく、マネキン内部に設置したプロジェクターを使って映し出す
  • IMPプロトタイプのマネキン自体は男女別にモードタイプとスポーツタイプをそろえる。これまでの使用例では、百貨店の「○○フェア」や、アパレルの新ブランドお披露目など、普段からマネキンを使うファッション関係の短期催事でレンタル利用するケースが多い
  • 「あなたに代わってマネキンが説明します」とうたうIMPコンパニオンのデモ例。展示会などで商品説明や司会進行をマネキンが行い、集客力を高めるのが狙い
  • 七彩の商品部・担当部長の池田公信氏
  • 画像認識システムを開発するアイテックとの協業で制作したインタラクティブマネキン「IMPビュー」。首元に仕込んだカメラで客の動向を読み取り、さまざまなデータを収集する(画像提供:七彩)
  • 男性は緑色、女性はピンク色の表示で識別し、年齢を推定する