記憶に残る広告を重視し、インパクトのある奇抜なキャッチコピーやユニークなイラストなどで注目を集めてきた
記憶に残る広告を重視し、インパクトのある奇抜なキャッチコピーやユニークなイラストなどで注目を集めてきた

浣腸にプレミアム革命 “ジャバラ、超長、うねうね”

2017年09月14日
  • 2017年5月に発売された“プレミアム浣腸”「コトブキ浣腸ひとおし40プレミアム」(定価は2個入り400円、10個入り1800円。実勢価格は10個入りで1280~1380円)
  • 左が今回のひとおし40プレミアム。ジャバラ型の容器で、お尻に挿入するノズルが長いうえにうねうねしたウエーブ状になっているのが特徴。右は従来のイチジク型
  • ウエーブ状ノズルを業界で初めて採用。さまざまな波の数と形状を試した結果、3つの波に行き着いた
  • 「3Dプリンターが普及したおかげで、試作品の金型も5万円ほどですぐに作れた」と西岡一輝社長
  • 記憶に残る広告を重視し、インパクトのある奇抜なキャッチコピーやユニークなイラストなどで注目を集めてきた
  • 店頭のプロモーションツールもユニーク
  • 淡路島の観光センターやドラッグストアなどに販促目的で無償提供したトイレットペーパー。「一日一便!!」「エコよりも今はウンコ」など笑えるコピーが印刷されている
  • ジャバラ型のヘアスタイルをした同社のキャラクター「ひとおしくん」
  • ひとおしくんは本社近くの道路脇の広告にも描かれている