近年は“アウトドアのインドア施設”として、各地にクライミングジムが急増し、クライミングを楽しむ人々が増えている。そもそもクライミングとは岩壁をよじ登ることで、ロープを使用して登る「ルートクライミング」や、自分の手足だけで登る「ボルダリング」などのカテゴリーがある。

 そんななか、老舗登山用品店「好日山荘」が自社クライミングジムを展開したり、各社からクライミング入門誌が続々と発売されたりといった動きもある。その要因として2020年の東京五輪に「スポーツクライミング(※1)」が追加されたことが大きいと思われ、今後クライミング業界はますます盛り上がっていくものと考えられる。

 では現場ではどのように変化を感じているのか。各社に聞いた。

※1「スポーツクライミング」とは、リードクライミング、スピードクライミング、ボルダリングの3種目からなる複合種目のこと

老舗登山用品店が全国で16店舗のジムを運営

 1924年創業の「好日山荘」は、神戸市に本社を置くアウトドア用品店だ。登山、キャンプなどのアイテムを多数取り扱い、新宿、池袋、銀座といった都心部を含め全国に52店舗を構える。

 その好日山荘がクライミングジムの経営を始めたのは2010年4月。「グラビティリサーチ」という屋号で神戸市に1号店をオープンした。翌2011年には大阪難波に国内最大級の広さを持つ2号店を出店し、2017年7月現在、全国で16店舗を運営している。

 なぜ、アウトドア用品店がクライミングジムを始めたのか。

未経験者~上級者レベルまで楽しめる。必要な道具は施設でレンタル可能
未経験者~上級者レベルまで楽しめる。必要な道具は施設でレンタル可能
[画像のクリックで拡大表示]