箱買いしても1箱で全種類はそろわない

 キャラクターの選定については「全てを当たりにしないのが重要」と本原氏。「全部当たりだと本当に欲しいキャラが出たときの喜びが少なくなるから、『おっ!?』と思える意外なキャラを入れるのも大事。おみくじ的な感覚で買う方も多い」。たしかに、例えば筆者は5枚買って昌文君、カイネ、王翦、桓騎、太后である。何だか、見事に微妙だが、決して悪くはない。太后なんか、やたら微妙だ。ランカイやムタなども選ばれている。この辺りのチョイスが抜群だ。

 普通のシールもシークレットのコラボシールも基本的には枚数は同じだそう。ただ、箱ごとの混ぜ方を変えてあるという。だから、箱買いしても1箱で全種類はそろわない。熱くなる要素はここにも仕込まれているのだ。

 実際、キングダムのファンは熱量が大きい人が多いそうで、発売以来、かなりの反響だという。お菓子としてのビックリマンチョコも、ウエハースに挟まれたチョコが甘すぎず、なかなかおいしいのだ。この機会に、久しぶりにキングダムマンでビックリマンの世界を振り返ってみてはいかがだろう。

箱買いしても1箱では全種類はそろわないそうだ
箱買いしても1箱では全種類はそろわないそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/納富廉邦)