「リゾートデュオ バス・キング」の内装。車中泊だけに用途を割り切ったモデルなのでキッチンなど水回りの設備はあえて採用していない

人気止まらぬ「軽キャンピングカー」、何が進化した?

2017年07月24日
  • 人気止まらぬ「軽キャンピングカー」、何が進化した?(画像)
  • stage21代表 霜田勝美氏
  • 「リゾートデュオ バス・キング」はstage21の看板モデル。展示車両の価格は201万7000円
  • 「リゾートデュオ バス・キング」の内装。車中泊だけに用途を割り切ったモデルなのでキッチンなど水回りの設備はあえて採用していない
  • stage21のキャブコン「リゾートデュオ バンビーノ Jr.」。展示車両の価格は265万円
  • 「リゾートデュオ バンビーノ Jr.」の内装。1トン前後という比較的軽量な車体重量と優れた断熱性を両立
  • 今年2月に行われた「ジャパンキャンピングカーショー」で注目を集めた「J-cabin Mini  W」は軽トラックの荷台に着脱可能なキャビンを搭載するトラキャンだが、カマボコ型の屋根や木材風クロスを採用したカントリー調のインテリアなど、他のモデルと一線を画すスタイリッシュさが魅力(写真は「ジャパンキャンピングカーショー」時に撮影)
  • MYSミスティック代表 佐藤 正氏
  • MYSミスティックの「Mini POP Bee」。展示車両の価格は301万5784円
  • MYSミスティックの「レジストロ」は軽トラックベースながら普通自動車登録となる。展示車両の価格は333万8860円
  • 「レジストロ」の内装。大人2人、子ども2人分のベッドスペースが確保されている