クラブツーリズムで毎回満席なのが“集合場所確認”ツアー。クラブツーリズム主催の国内ツアーに参加する際、出発地点となる東京駅、羽田空港の集合場所を見て回るだけのバスツアーだ。記者が参加したところ、たしかに大盛況(詳しくは前編を参照)。そして、記者自身も想像以上に楽しかった。後編では、そもそもなぜこんなツアーを企画したのか、担当者にその意図を聞いてみた。

 クラブツーリズムが集合場所確認ツアーを始めたのは2015年10月から。ベースになったのは、以前から本社で行っていた「ひとり旅」というツアーの参加希望者向け説明会だ。

 「ひとり旅」は、同社が1997年前に始めた1人参加限定のツアーだ(当初の名称は「クラブララ」、2001年から現在の名称)。60代以上のシニアを中心に人気が高い。テーマ旅行部国内コミュニティ旅行センター(ひとり旅・ひとりの贅沢担当)の渡邊輝人リーダーによると、「通常のツアーでは、周りは友達同士や夫婦なのに自分だけ1人だと疎外感や孤独感を感じてしまう人がいます。ひとり旅にはそういう心配がない。日中は参加者全員で動いても、夜のホテルは1人1室。のんびり過ごせるのが好評」なのだそうだ。

ひとり旅のツアーパンフレット。専門ガイドと世界遺産を巡る旅や美術館見学がメインの旅、森林でヨガを体験する旅、高級ホテルにゆったりと泊まる旅など、こだわりの内容も多い
ひとり旅のツアーパンフレット。専門ガイドと世界遺産を巡る旅や美術館見学がメインの旅、森林でヨガを体験する旅、高級ホテルにゆったりと泊まる旅など、こだわりの内容も多い
[画像のクリックで拡大表示]

 その魅力を伝えるため、以前からひとり旅専用の無料説明会を開いていたのだが、会議室で話すだけでは、実際の雰囲気はなかなか伝わらないのが悩みだった。「ならばいっそのこと、バスツアーにしてバスの中で説明会をしようか」――渡邊さんと同じ部署の河内良太さんが考えたのが発端だった。

 行き先を集合場所めぐりにしたのは、集合場所に行けるかどうかに不安を感じている人が多かったからだ。「ひとり旅の申し込みの電話では『私、集合場所までひとりで行けると思いますか?』『事前に下見をした方がいいかしら』というご相談がとても多い」と河内さん。ひとり旅に対する参加者の不安を解消し、どうせなら一人旅気分も体験してもらおうと始めたのが、添乗員のガイド付きで集合場所を下見し、ホテルでのゆったりランチも楽しめる集合場所確認ツアーだったのだ。

 とはいえ、集合場所を確認するだけのツアーにそんなに需要があるのか――渡邊さんや河内さんにも確信はなかった。本社での説明会は無料。集合場所確認ツアーはホテルでのランチ付きとはいえ4900円である。しかも、集合場所確認ツアーの最初の告知は、ウェブサイトだけだった。

 だが、蓋を開けてみれば大好評。当初は月1本だった同ツアーは、2016年3月には月4本に増やした。これまで開催した16回はいずれもほぼ満席だ。新宿・上野しかなかった出発地点も、現在は町田・横浜、京成津田沼・松戸、川越・さいたま新都心が追加されている。

集合場所確認ツアーの申し込みサイト。現在はウェブサイトのほか、ひとり旅のパンフレットに案内を同封するなどして告知している
集合場所確認ツアーの申し込みサイト。現在はウェブサイトのほか、ひとり旅のパンフレットに案内を同封するなどして告知している
[画像のクリックで拡大表示]