スーパーカブは残ると見られるものの

 では、ガソリンエンジンで走る原付が完全になくなるかというと、それはなさそうだ。2016年10月、ホンダとヤマハが原付の協業、つまりはOEM配給を進めるという発表があった。「ホンダとヤマハが手を組むとは、一体どういうことだ?」と話題になったが、これは原付を残すための秘策。生産を一元化することで量産効果を上げ、排出ガス対策によるコストアップを吸収しようというわけだ。

 また、ホンダの「スーパーカブ」は110ccモデルが継続されるのは当然ながら、50ccのスーパーカブも残るという予想もある。根拠は確かではないが、強いて理由を挙げるなら「ホンダの旗艦モデル」だから残るはずと筆者は想像する。

世界的名車、ホンダ「スーパーカブ」。よく走り、燃費がよく、壊れない。現在は中国で生産されており、50ccと110ccモデルで、同じボディーを使用する
世界的名車、ホンダ「スーパーカブ」。よく走り、燃費がよく、壊れない。現在は中国で生産されており、50ccと110ccモデルで、同じボディーを使用する
[画像のクリックで拡大表示]

 スーパーカブが残るのなら、同系のエンジンを使用するモンキーも残っていいように思えるのだが、話は簡単ではない。

 「レジャーバイクを受け入れてくれる市場がないんです。現在、モンキーは最も値段の高い原付バイクになりました。いちばん小さくて、いちばん高いんです」(ホンダ 広報担当)という現実が立ちはだかる。結果、メーカーは苦渋の決断を迫られる。

 確かに、安価な50ccスクーターなら十数万円で買えるが、モンキーの「50周年アニバーサリー」は軽く30万円を超える。2009年にインジェクションを搭載してモンキーが復活した際、「この時勢によく作った」と、賞賛の声が上がったのを覚えている。それだけ手間とコストのかかったモデルなのだ。

 通常、クルマにしてもバイクにしても、わざわざ生産終了がメーカーからアナウンスされることはない。人知れず消えていくなり、次のモデルにバトンタッチされるのが常だ。しかしモンキーは正式に生産終了がアナウンスされた。それだけでもモンキーがいかに多くのユーザーに愛され、いかにメーカーに大切に育てられてきたか分かるだろう。

 モンキーは、オーナーはもちろん、関わる人すべてにとって幸せなバイクだった。見ているだけでも楽しくなった。こんなバイク、これからはもう登場しないだろう。いいバイクだった。

初代モデル「モンキーZ50M」のイメージを踏襲したホンダの「モンキー・50周年アニバーサリー」。モンキーの生産終了が発表されたためか、発売から3カ月ほどで売り切れてしまった
初代モデル「モンキーZ50M」のイメージを踏襲したホンダの「モンキー・50周年アニバーサリー」。モンキーの生産終了が発表されたためか、発売から3カ月ほどで売り切れてしまった
[画像のクリックで拡大表示]
黒と赤が印象的な「モンキー・くまモン バージョン」。現在、ホンダの日本での二輪生産は、すべて熊本製作所で行なわれている。残念ながら、このモデルも売り切れ
黒と赤が印象的な「モンキー・くまモン バージョン」。現在、ホンダの日本での二輪生産は、すべて熊本製作所で行なわれている。残念ながら、このモデルも売り切れ
[画像のクリックで拡大表示]
最終モデルとなるホンダの「モンキー・50周年スペシャル」。その昔ヒットしたメッキモンキーの現代版。全身メッキ加工のため非常に高価だが、最後らしいゴージャスなモデルとなった。500台限定で生産され、希望者はオーダー専用サイトから申し込む
最終モデルとなるホンダの「モンキー・50周年スペシャル」。その昔ヒットしたメッキモンキーの現代版。全身メッキ加工のため非常に高価だが、最後らしいゴージャスなモデルとなった。500台限定で生産され、希望者はオーダー専用サイトから申し込む
[画像のクリックで拡大表示]

(文/西尾 淳=WINDY Co.)