30代から80代、全員女性の参加者

 今回、記者が参加したのは6月開催のツアー。出発地となる新宿または上野に集まり、まずはバスで羽田空港へ。羽田空港では集合場所を確認した後、空港内のロイヤルパークホテル ザ・羽田でランチを食べ、東京駅に移動。東京駅で集合場所を確認して解散という内容だ。

 当日の参加者は23人。女性ばかりだ。ただ、年齢層は予想よりも広く、30代から80代とのことだった。バスの入り口に張られている座席表で自分の席を確認して座る。みなさん一人参加ということで、ちょっと緊張の面持ち。隣の席に人が来ると、挨拶を交わしている。

なぜ大盛況? “集合場所確認”ツアーに参加した【前編】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
なぜ大盛況? “集合場所確認”ツアーに参加した【前編】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
クラブツーリズムの専用バス。乗車する前に配られたのは、しおり、羽田空港と東京駅の構内地図のコピー、ツアー参加者用のバッジ。しおりには、今日のスケジュールのほか、ひとり旅の説明が書かれている。バッジの裏には添乗員の携帯電話番号が手書きされていた

 「集合場所確認ツアーに参加するくらいなのだから、迷って遅れる人もいるのでは?」という記者の予想に反し、参加者は時間通りにそろった。後で聞いたところ、皆さんは時間にはかなりの余裕を持って集まってくるらしい。最初に、バスの運転手、次いで添乗員が挨拶し、1日のスケジュールやポイントを説明する。一般的なツアーは添乗員が1人だが、今回の集合場所確認ツアーはなんと2人。「皆さんで移動するときも、先頭と最後尾に添乗員がいます。わからないことがあったら気軽に聞いてくださいね」。想像以上のフォロー体制だ。

バスの運転手がバスの設備などを紹介。「みなさん安心してください。このバス、トイレがついてますよ!」ととにかく明るい安村のギャグ風に説明すると、参加者からどっと笑いが。とにかく明るい安村は、高い年齢の方にも知名度が高いよう
バスの運転手がバスの設備などを紹介。「みなさん安心してください。このバス、トイレがついてますよ!」ととにかく明るい安村のギャグ風に説明すると、参加者からどっと笑いが。とにかく明るい安村は、高い年齢の方にも知名度が高いよう
[画像のクリックで拡大表示]
続いてクラブツーリズムの添乗員の河内良太さんが挨拶。入社2年目の若手で、この集合場所確認ツアーは毎回添乗しているそう。河内さんともう1人、辻加奈子さんが添乗員としてついている
続いてクラブツーリズムの添乗員の河内良太さんが挨拶。入社2年目の若手で、この集合場所確認ツアーは毎回添乗しているそう。河内さんともう1人、辻加奈子さんが添乗員としてついている
[画像のクリックで拡大表示]

 羽田空港までの車内では、河内さんがひとり旅の魅力を説明する。「『ひとり旅』は全員1人で参加していただくツアーです。ほかはお友達同士で、自分だけがひとりぼっちという心配はありません。参加者の方同士、すぐに打ち解けますよ。これまで参加者の最高齢は97歳、一番若い方は22歳です」という河内さんの言葉に湧く参加者。「まあ、97歳はすごいわね」とお隣同士で話す声が聞こえてくる。

 「参加者は女性が多いですが、ブルーインパルス見学やお城巡りツアーは男性も多いですね」と河内さんがさらに付け加えると、今度は「男性はそういうのが好きよね。でも私も見てみたいかも、うふふ」という声がまた聞こえてきた。

 「これは、たしかにすぐに打ち解けそう。編集部員のお母さんが『楽しかった』というのもまんざらでもないかも」と思った。だがこの後、記者はこの集合場所確認ツアーならではの場面を次々目にすることになる。