瓶に入れたブルーチーズのにおいを測定したところ、レベル5が表示された

タニタが「持ち歩ける体臭測定器」 女性もターゲット

2018年06月22日
  • 「においチェッカー ES-100」(市場想定価格1万2800円)。幅94mm、高さ52mm、奥行き25mm。重さ約60g。センサー部分は2000回使用もしくは1年間で取り替える。センサーカートリッジは別売り(市場想定価格5000円)
  • 首や頭部など、気になる場所にセンサーを近づけて測定する
  • 瓶に入れたブルーチーズのにおいを測定したところ、レベル5が表示された
  • 「加齢臭」の原因とされるノネナールと「ミドル脂臭」の原因とされるジアセチルは額、首、腹部から放散しやすいという
  • 緊張状態が続くと交感神経が刺激されるが、それと比例してアンモニアが体から放散される数値も高くなる
  • 「生活を改善することで体臭を防ぐことができる」と関根嘉香教授は結んだ
  • 香水など「いいにおい」でも強すぎるとスメハラに