看板メニューが唐揚げになった理由は?

 「週プレ酒場」は、ゴジラの巨大オブジェでおなじみの新宿東宝ビルの近くにある「WaMall 歌舞伎町」の5階に出店。6月10日から約1年間、開業する。

 店内は、座席数は50席とややこじんまりとしているが、赤に彩られた店内には、モデルでグラビアアイドルの馬場ふみかの巨大なビキニ姿や、歴代の記事で作られた「週プレ50周年ウォール」、みうらじゅん氏が「週プレ酒場の守り神」をコンセプトに描き下ろした天井壁画など、同誌ならではの内装が施されている。

店内は50席のオープンスペースとなっている
店内は50席のオープンスペースとなっている
[画像のクリックで拡大表示]
壁面には馬場ふみかの巨大グラビアが
壁面には馬場ふみかの巨大グラビアが
[画像のクリックで拡大表示]
歴代の記事で作られた「週プレ50周年ウォール」
歴代の記事で作られた「週プレ50周年ウォール」
[画像のクリックで拡大表示]
みうらじゅん氏が「週プレ酒場の守り神」をコンセプトに描き下ろした天井壁画
みうらじゅん氏が「週プレ酒場の守り神」をコンセプトに描き下ろした天井壁画
[画像のクリックで拡大表示]

 看板メニューは、鶏の唐揚げ。その理由は、グラビアアイドルが縁起を担いで好んで食べると言われているから。実は「ナイスボディーは、唐揚げが作る」という都市伝説がグラビア業界ではまことにしやかに語り継がれているという。

 「週プレの唐揚げ」(890円)と名付けられた唐揚げは、グラビアアイドルと共同で開発したソースが付いており、橋本マナミ(サルサ)や原幹恵(油林鶏)、久松郁実(テリヤキ)など各アイドルがオススメするソースと一緒に提供される。他にも「生本まぐろのてんこ盛り」(1690円)や「角煮じゃが」(550円)といったメニューが楽しめる。

看板メニューの「週プレの唐揚げ」(890円)
看板メニューの「週プレの唐揚げ」(890円)
[画像のクリックで拡大表示]
グラビアアイドルと共同で開発した唐揚げ用のソース。全部で8種類
グラビアアイドルと共同で開発した唐揚げ用のソース。全部で8種類
[画像のクリックで拡大表示]
「生本まぐろのてんこ盛り」(1690円)
「生本まぐろのてんこ盛り」(1690円)
[画像のクリックで拡大表示]
「角煮じゃが」(550円)
「角煮じゃが」(550円)
[画像のクリックで拡大表示]