女性向けのEMSも登場

 盛り上がる女性向けEMS市場には、あのライザップも参入。腹筋専用の製品で女性をターゲットにしたEMS「3D Shaper(スリーディー シェイパー)」を2018年3月に発売した。形状はシックスパッドの腹筋専用に似ているが、中央の部分が横長になっているのが特徴だ。「女性らしいウエストのくびれを作るため、サイド部分を長く設計した」と同社ブランド統括部PRユニットの成清佑平氏は話す。

「3D Shaper(スリーディー シェイパー)」(直販価格2万8800円)。SIXPAD同様、専用のジェルシートを付けた本体を体に貼り付けて使う。「女性をコンセプトに開発しているが、サイズが合えば男性にも使ってもらいたい」(成清佑平氏)
「3D Shaper(スリーディー シェイパー)」(直販価格2万8800円)。SIXPAD同様、専用のジェルシートを付けた本体を体に貼り付けて使う。「女性をコンセプトに開発しているが、サイズが合えば男性にも使ってもらいたい」(成清佑平氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、約10万人いるライザップ会員のうちの約6割が女性。会員から集めたデータを分析するなかで、「腹筋は鍛えたいが、ウエストにくびれを作りたい」という人が多かったことから、同製品を開発した。発売から1カ月で1万台以上と売れ行きは好調。ライザップといえば徹底した食事管理で知られるが、日々のトレーニングでも鍛えにくい部分をEMSに頼ろうと考えた人も多かったのだろう。

 取り扱いは自社のECサイトと一部の家電量販店のみ。一般向けの広告は特に出していないが、雑誌に掲載された情報や口コミなどをもとに会員以外が購入するパターンも増えてきているという。今後は販路の拡大も検討している。

 女性が筋肉を鍛える理由について、「体を鍛え上げて『ムキムキ』になるのではなく、健康的でしなやかなボディラインの『ヘルシー美人』を目指したいという人が増えている」と成清氏は話す。MTGと同様に、タレントやモデル、雑誌の特集の影響は大きいと考えているそうだ。

 ライザップは2017年11月に暗闇で行うフィットネス「VIVANA(ヴィヴァーナ)」とホットヨガの「LIPTY(リプティ)」、2018年5月に「RIZAP WOMAN(ライザップ ウーマン)」と、女性専用の3ブランドを立ち上げた。「女性の健康美への意識は年々高まっている」(成清氏)。女性をコンセプトにした製品開発は自然な流れだったのかもしれない。

■変更履歴
初出時には「女性専用」としておりましたが、正しくは「女性向け」でした。また、「取り扱いは自社のECサイトのみ」としておりましたが「取り扱いは自社のECサイトと一部の家電量販店のみ」でした。お詫びして訂正いたします。[2018/06/19 16:56]