歌舞伎町の奥深くに外国人絶賛スポットが

 嗜好品の殿堂「Kagaya」を出ると、もう午後6時を過ぎていた。

 夕食は、震災に遭った熊本をほんの気持ちだけでも応援したいということで、本場熊本ラーメン「桂花ラーメン 新宿 東口駅前店」に。外国人観光客にも一度は試してほしい“ディープ・ジャパン”なテイストだ。

 腹ごしらえがすんだら、いよいよディープなシンジュクの極め付け「歌舞伎町」に足を踏み入れよう。 靖国通りを渡った歌舞伎町の入り口には「Tax Free Shop」と大書された看板を掲げる「ドン・キホーテ 新宿東口本店」がそびえている。

 中に入ると、商品を物色している客のほとんどが、アジア、南米、欧米などからの外国人観光客だった。ジャングルのように入り組んだ通路に迷いながらも、なんとか外に脱け出せたら、さらに歌舞伎町の中心街を目指す。

桂花ラーメン 新宿 東口駅前店。看板メニューの桂花ラーメンは濃厚なスープとコシのある麺。30年以上も変わらない
桂花ラーメン 新宿 東口駅前店。看板メニューの桂花ラーメンは濃厚なスープとコシのある麺。30年以上も変わらない
[画像のクリックで拡大表示]
ドン・キホーテ 新宿東口本店
ドン・キホーテ 新宿東口本店
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年4月にオープンした「TOHOシネマズ新宿」が入っている新宿東宝ビルに向かって歩いていると、突然、あたりに耳をつんざく雄叫びが響き渡った。視線を上げると、ビルの向こうから巨大なゴジラが顔をのぞかせ、口から白い煙と青い閃光を吐いていた。

 午後7時から1分間ほど行われるアトラクションだった。ガイドブックを片手に、外国人観光客が懸命にスマホで動画を撮っていた。海外にも、この1日1回の雄たけび情報が伝わっているのだろう。

 静かになったゴジラをあとにして、さらに歌舞伎町の深部へと足を運ぶと、周囲の雰囲気は徐々に怪しげになってくる。「DVDどう?」と声をかけてくる見るからに怖そうなお兄さんたちの誘いを無視しながらどんどん歩き続け、四方八方がイケメンホストの巨大な写真群で埋め尽くされたコーナーを左に曲がるとすぐ、お目当ての博物館が現れた。

 外国人観光客に絶大な人気を誇る「SAMURAI MUSEUM」だ。

新宿東宝ビルの屋上のゴジラヘッド
新宿東宝ビルの屋上のゴジラヘッド
[画像のクリックで拡大表示]
「SAMURAI MUSEUM」の入り口
「SAMURAI MUSEUM」の入り口
[画像のクリックで拡大表示]