洋菓子を手掛けるBAKE(ベイク)が2018年3月下旬、テイクアウトパフェ専門店「THE PARFAIT STAND(ザ パフェ スタンド)」の1号店をオープンした。JR原宿駅の券売所の一部だったスペースに出店し、竹下口改札より徒歩0分という立地だ。新しい原宿の「定番」になるのか。

 『THE PARFAIT STAND』は“EDITORIAL”をコンセプトに、「1冊の雑誌を作るように、原宿の空気感やトレンドをエッセンスとして取り込んだ」というテイクアウトスタイルが新しいパフェ専門店だ。提供されるパフェは『パフェ チョコブラウン』と期間限定商品『パフェ イチゴホワイト』の2種類。特徴的なのはトッピングのメレンゲだ。一見するとホイップクリームのような仕上がりは、「形成の製造方法に試行錯誤した」そうだ。「カリッ」「サクッ」の食感は、やわらかいパフェとコントラストを生む。そのまま食べるのもいいが、カップのパッケージやナプキンのイラストに従い、「チョップ」して砕くのもいい。食べやすく、アイスクリームやゼリーとともに口に運ぶと一層楽しい。「原宿らしさ」を意識し、底部には薄く焼き上げたクレープ生地を使用。サクサクと軽い食感だ。

JR原宿駅竹下口改札を出てすぐ、徒歩0分。
JR原宿駅竹下口改札を出てすぐ、徒歩0分。
[画像のクリックで拡大表示]
写真撮影に試行錯誤していても溶けにくい。色合いが美しい期間限定商品の「パフェ イチゴホワイト」 900円(税抜き)
写真撮影に試行錯誤していても溶けにくい。色合いが美しい期間限定商品の「パフェ イチゴホワイト」 900円(税抜き)
[画像のクリックで拡大表示]

 レギュラー商品の『パフェ チョコブラウン』は、ガツンと甘いメレンゲ、苦味のあるコーヒーゼリー、濃厚なチョコブラウニー、甘みを抑えたコーヒームースと、スイート&ビターな旨味に緩急をつける。生クリームを盛っていないので、食べ心地も軽く、テイクアウト専門店だけあり持ち運びしやすい。期間限定の『パフェ イチゴホワイト』も、見た目よりずっと軽やかな味わいだ。底部のクレープ生地に接するムースはクリームと比べ溶けにくく、たどり着くまでに水っぽくならないのもいい。この「溶けにくさ」を象徴するのがトッピングのメレンゲだ。アイスクリームやホイップクリームと違い、時間がたっても崩れないので、SNS用の「フォトジェニック」を満足するまで追求できる。

 仕掛けたBAKEは、1ブランドで1つの製品を展開するのが特徴の専門店を多数展開。時代に沿ったデザインや販売手法を取り入れ、焼きたてチーズタルト専門店『BAKE CHEESE TART』を皮切りに、若者向けのスイーツショップなどを運営する。原宿竹下通りに2014年にオープンしたシュークリーム専門店『CROQUANT CHOU ZAKUZAKU(クロッカンシュー ザクザク)』は、中高生を中心に支持を集めている。2017年4月にオープンした初の土産菓子業態となるバターサンド専門店『PRESS BUTTER SAND』は東京駅土産の新定番となった。

 スイーツの王道であるパフェを改めて「本格的なおいしさはそのまま、もっとカジュアルに楽しんでもらいたい」とするBAKE。“1号店”と銘打ったオープンは、次号店への意欲が感じられる。クレープに次ぐ「定番」になるか、注目だ。

イラストどおり「チョップ」でメレンゲを砕く。意外と堅いので思い切りどうぞ。「パフェ チョコブラウン」 700円(税抜き)
イラストどおり「チョップ」でメレンゲを砕く。意外と堅いので思い切りどうぞ。「パフェ チョコブラウン」 700円(税抜き)
[画像のクリックで拡大表示]
淡いブルーが爽やかな壁面。「フォトスポット」もバッチリだ
淡いブルーが爽やかな壁面。「フォトスポット」もバッチリだ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/小西麗)

この記事をいいね!する