ジャレド・ブッシュ氏
ジャレド・ブッシュ氏

大ヒット連発で黄金期再びのディズニー、“大人の共感”がヒットのカギ

2016年04月21日
  • (c)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • <b>(左)ジャレド・ブッシュ氏</b><br>アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスのスクリプト・リーダーとしてキャリアをスタート。コロンビア、20世紀フォックスにて長編映画の企画などを手がけ、ディズニーではアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」のコメディ・アドベンチャー・シリーズ「Penn Zero: Part-Time Hero」(14~15年)の共同クリエイターと製作総指揮とライターを務めた。『ズートピア』では脚本家および共同監督として、作品のベースとなる世界観やキャラクターの性格、ストーリーの全体像を形作る責務を負っている。<br><b>(右)クラーク・スペンサー氏</b><br>90年、財務&プラニング部門のシニア・ビジネス・プランナーとしてディズニーに加入。その後20年以上にわたり、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの様々なエグゼクティブの役割を経験する。プロデューサーを務めた長編映画は、『リロ&スティッチ』(03年)『ボルト』(09年)『シュガー・ラッシュ』(13年)『ズートピア』の4作品。『シュガー・ラッシュ』では、アメリカ・プロデューサー組合賞にて最優秀アニメーション映画賞を獲得している
  • 大ヒット連発で黄金期再びのディズニー、“大人の共感”がヒットのカギ(画像)
  • (c)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • クラーク・スペンサー氏
  • ジャレド・ブッシュ氏
  • 動物の体格の違いをそのまま描く<br>(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • 免許証発行センターで窓口を勤めるナマケモノは動作が非常に遅い<br>(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • 大ヒット連発で黄金期再びのディズニー、“大人の共感”がヒットのカギ(画像)
  • 『ズートピア』