メインテーマの一つは、“夢をあきらめない”こと

 動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。「誰でも夢を叶えることができる楽園」と言われるこの街に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。ひょんなことから出会った“夢を忘れた”キツネのニックを相棒に、ズートピアに隠された驚くべき秘密に挑む……。

大ヒット連発で黄金期再びのディズニー、“大人の共感”がヒットのカギ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]
クラーク・スペンサー氏
クラーク・スペンサー氏
[画像のクリックで拡大表示]

クラーク・スペンサー氏(以下、
スペンサー氏):
 主人公の一人であるアカギツネのニックは、小さいころから「キツネはずる賢い」という偏見を世間から押しつけられて育った。結局、この偏見を取り払うことをあきらめ、詐欺師まがいなことをして生計を立てている。一方、アナウサギのジュディは、サイやカバなど大きな体格の動物ばかりがそろう警察官に憧れるも、周囲からは「小さなウサギには無理」と言われている。でも「そんなことはない。自分はこんな風になれるんだ」と思い続けて、ついにはウサギ初の警察官になる。この作品で伝えたいテーマの一つは、「世間からどのように見られても、本当に自分を定義づけるのは自分」ということなんです。

 これは、子供に夢と希望を与えるディズニー作品らしいメッセージだ。映画内には、ウサギやキツネのほかにも、さまざまな可愛らしい動物たちが出演。ユーモラスなシーンが随所にちりばめられており、一見、子供向け作品に思えるかもしれない。

 だが、この作品が世界中でヒットを続ける背景には、大人たちからの強い支持がある。

ジャレド・ブッシュ氏
ジャレド・ブッシュ氏
[画像のクリックで拡大表示]

ジャレド・ブッシュ氏(以下、ブッシュ氏): 
この映画は、決して動物について描いた作品ではないんです。人間社会、特に現代社会の課題を描いています。

 実は本作、主要キャラクターの成長を描くなかに、「偏見」「人種」「差別」といった問題を織り交ぜているのだ。