ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ズートピア』が、世界中で大ヒットを記録している。

(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]

 日本に先駆け、3月上旬に公開された米国では『アナと雪の女王』(日本公開14年)や、『ベイマックス』(15年)を上回り、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ史上最高のオープニング興行成績を記録。『アナ雪』もなし得なかった3週連続1位も獲得した。

 『美女と野獣』(92年)、『アラジン』(93年)、『ライオン・キング』(94年)。この3作が立て続けにヒットした90年代前半をピークに、ディズニーの長編アニメーション映画は、やや低迷の時期が続いていた。

 しかし、『アナと雪の女王』『ベイマックス』、そして今回の『ズートピア』のヒットで、「再び黄金期を迎えた」とも言われる。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは、いったい何に取り組み、いまを迎えることができたのだろうか。

 4月23日の日本公開を前に来日した、『ズートピア』のプロデューサーのクラーク・スペンサー氏と、同作で脚本と共同監督を務めたジャレド・ブッシュ氏の2人に、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのヒット作品作りのポイントを聞いた。

<b>(左)ジャレド・ブッシュ氏</b><br>アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスのスクリプト・リーダーとしてキャリアをスタート。コロンビア、20世紀フォックスにて長編映画の企画などを手がけ、ディズニーではアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」のコメディ・アドベンチャー・シリーズ「Penn Zero: Part-Time Hero」(14~15年)の共同クリエイターと製作総指揮とライターを務めた。『ズートピア』では脚本家および共同監督として、作品のベースとなる世界観やキャラクターの性格、ストーリーの全体像を形作る責務を負っている。<br><b>(右)クラーク・スペンサー氏</b><br>90年、財務&プラニング部門のシニア・ビジネス・プランナーとしてディズニーに加入。その後20年以上にわたり、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの様々なエグゼクティブの役割を経験する。プロデューサーを務めた長編映画は、『リロ&スティッチ』(03年)『ボルト』(09年)『シュガー・ラッシュ』(13年)『ズートピア』の4作品。『シュガー・ラッシュ』では、アメリカ・プロデューサー組合賞にて最優秀アニメーション映画賞を獲得している
(左)ジャレド・ブッシュ氏
アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスのスクリプト・リーダーとしてキャリアをスタート。コロンビア、20世紀フォックスにて長編映画の企画などを手がけ、ディズニーではアニメ専門チャンネル「ディズニーXD」のコメディ・アドベンチャー・シリーズ「Penn Zero: Part-Time Hero」(14~15年)の共同クリエイターと製作総指揮とライターを務めた。『ズートピア』では脚本家および共同監督として、作品のベースとなる世界観やキャラクターの性格、ストーリーの全体像を形作る責務を負っている。
(右)クラーク・スペンサー氏
90年、財務&プラニング部門のシニア・ビジネス・プランナーとしてディズニーに加入。その後20年以上にわたり、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの様々なエグゼクティブの役割を経験する。プロデューサーを務めた長編映画は、『リロ&スティッチ』(03年)『ボルト』(09年)『シュガー・ラッシュ』(13年)『ズートピア』の4作品。『シュガー・ラッシュ』では、アメリカ・プロデューサー組合賞にて最優秀アニメーション映画賞を獲得している
[画像のクリックで拡大表示]