【ホンダ】エンジン共用化で価格を抑えて若者にアプローチ

ホンダ 「レブル500」
ホンダ 「レブル500」
[画像のクリックで拡大表示]

 今年の東京モーターサイクルショーはどのブースも大勢の来場者でにぎわっていたが、ひときわ混雑していたのが注目モデルを数多くそろえるホンダブース。写真は近々市販予定の新型クルーザーモデル(起伏やカーブの少ない道を走行することに重点を置いたバイクのカテゴリー)「レブル500」。これまでこの手のモデルはハーレーに代表されるように昔ながらの空冷Vツインエンジンを搭載するのが常だったが、こちらはロードスポーツモデル(舗装路の快適走行を目指したオートバイ)から流用した水冷直列2気筒エンジンを搭載。エンジンを共用化して車両価格を下げ、若いユーザーにもアプローチしている。

ホンダ「レブル250 スタイルコンセプト」
ホンダ「レブル250 スタイルコンセプト」
[画像のクリックで拡大表示]

 同一の車体にこれまたロードスポーツモデルから流用した水冷単気筒エンジンを搭載する250ccモデルも市販予定となっており、こちらはメーカー自ら大胆なカスタムを施した「レブル250 スタイルコンセプト」として出展されていた。メーカーが新型車の発表と同時にカスタムモデルも提案するのは近年のトレンドでもある。ユーザーのライフスタイルを反映できるアイテムの一つとしてモーターサイクルを提案する狙いだ。

オフロード走行可能な本格的なサスペンション搭載「X-ADV」

(写真提供:ホンダ)
(写真提供:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 こちらも市販が予定されている「X-ADV」。スクーターの利便性と近年流行のアドベンチャーバイクの走破性を兼ね備えた新しいカテゴリーだ。745㏄の水冷直列2気筒エンジンにホンダが独自に開発したオートマチックトランスミッションであるDCT(Dual Clutch Transmission)やオフロード走行にも対応できる本格的なサスペンションを備えている。

東南アジアで盛んな250ccのカテゴリーに投入!「CBR250RR」

(写真提供:ホンダ)
(写真提供:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 このところ国内4メーカーによる競争が激化している250ccロードスポーツモデル。巨大な二輪市場をもつ東南アジアでも盛んなカテゴリーということもあって各社かなり力の入ったモデルを投入している。

 ホンダはすでにCBR250Rというモデルをこのカテゴリーに投入しているが、さらにスポーティーに進化した「CBR250RR」も市販する。単気筒エンジンを搭載し、ルックスも比較的おとなしかったCBR250Rは、ヤマハやカワサキのライバルモデルに比べて正直見劣りした。しかし、こちらは新開発の水冷4ストローク直列2気筒エンジンを倒立フォークやアルミ鍛造スイングアームを採用するハイスペックな車体に搭載し、ひとクラス上ともいえる仕上がりを見せる。アグレッシブなスタイリングと相まって大変な注目を集めていた。