店内ではコーヒーの無料サービスも

 ここ数年、高級食パンを扱う専門店が増えており、1本1000円前後する食パンを売る店も珍しくない。だがパンのトラは幅広い客層に利用してもらえる店を目指し、食パンを1本520円と手が届きやすい価格に設定。店内にはイートインスペースとキッズスペースを設置し、コーヒーの無料提供も始めた。約120種類と商品のバラエティーも多いため、店内での飲食用と持ち帰り用を併せて買う客も多いという。

 すでに出店していた3店舗が好調だったため、「名古屋では高級住宅街として知られる、八事エリア(名古屋市昭和区)に出店した」(加藤社長)という。八事店は新商品のアンテナショップとしても考えており、この店限定で1本2200円の高級食パンを販売。通常の食パンと比べるとかなり高額だが、1日の限定数60本はほぼ毎日売り切れ状態だという。また、パンの種類も他店より20種類ほど増やしているそうで、近くに別の店舗がある客が、わざわざ八事店まで買いにくるということもあるようだ。

 今後は、東京や海外での出店も考えているが、「県外に出店したとしても、車で来店できて、店内にイートインスペースがあるという従来のスタイルを続けたい」と加藤社長は話す。

「パンのトラ」(写真中央、税込み520円。以下、価格はすべて税込み)、「牛乳クリームパン」(右下、230円)、シュトーラBOX(左下、1680円)。ビニール包装されているのが「高級食パン」(2200円)パンのトラ以外は八事店限定
「パンのトラ」(写真中央、税込み520円。以下、価格はすべて税込み)、「牛乳クリームパン」(右下、230円)、シュトーラBOX(左下、1680円)。ビニール包装されているのが「高級食パン」(2200円)パンのトラ以外は八事店限定
[画像のクリックで拡大表示]
「パンのトラ 八事店」名古屋市昭和区広路町梅園8-1。営業時間は7~19時。定休日なし。駐車スペースは50台用意されている
「パンのトラ 八事店」名古屋市昭和区広路町梅園8-1。営業時間は7~19時。定休日なし。駐車スペースは50台用意されている
[画像のクリックで拡大表示]