2018年3月15日、ネスレ日本は同社のティーマシン「SPECIAL.T(スペシャルティー)」専用ティーカプセルの新シリーズ「SPECIAL.T blended by LUPICIA」を発売した。紅茶やフレーバーティー、ハーブティーなど全6種類で、茶葉の製造販売を行うルピシア(東京都渋谷区)と共同開発している。

ネスレのティーマシンが獲得した「意外な層」とは(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ネスレのティーマシンが獲得した「意外な層」とは(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ネスレのティーマシンが獲得した「意外な層」とは(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「SPECIAL.T blended by LUPICIA」(各10カプセル入り、1000円)。紅茶にさくらんぼのフレーバーをつけた「さくらんぼ」(写真左)、ノンカフェインのルイボスティー「ルイボス ハニー&フルーツ」(写真中央)、ほどよい甘みとコクが特徴の「セイロン」(写真右)など、全6種類を展開

 スペシャルティーは茶葉を封入した独自のカプセルを装填してお茶を抽出するマシン。ネスレ日本が展開する「ネスプレッソ」のお茶バージョンだ。ネスプレッソ等のコーヒーマシンと違う点は、茶葉に合わせて最適な抽出温度をマシンが自動で設定してくれること。紅茶なら高温で、日本茶なら比較的低い温度で抽出するという。2010年に欧米で発売後、2013年から日本でも展開を開始している。

「SPECIAL.T」はネスレ日本のECサイトで取扱い中。カプセルの定期購入を申し込むことでマシンが無料レンタルできるプランもある
「SPECIAL.T」はネスレ日本のECサイトで取扱い中。カプセルの定期購入を申し込むことでマシンが無料レンタルできるプランもある
[画像のクリックで拡大表示]