東京以外の地域に出店したい

 続々と増える台湾系グルメだが、昨年東京進出を果たした台湾ラーメンの味仙や、台湾まぜそばを除くと、ほとんどが愛知県内でしか食べられない。今後、全国に広まる可能性はあるのだろうか。

 ブームの火付け役となった麺屋はなびの新山氏は「今後は東京よりも、全国の地方都市への出店に力を入れていきたい」と話す。同店をきっかけに、近隣で台湾ミンチが広がったように、ほかの地方都市でも受け入れられるのではないかと考えているようだ。「台湾みそバターラーメン」や「台湾ソーキそば」など、全国のご当地グルメと台湾ミンチがミックスしたメニューが登場する日もやってくるかもしれない。

麺屋はなびは姉妹店として「元祖台湾カレー」も展開。愛知県内に3店舗を出店している。看板メニューの「元祖台湾カレー」は790円
麺屋はなびは姉妹店として「元祖台湾カレー」も展開。愛知県内に3店舗を出店している。看板メニューの「元祖台湾カレー」は790円
[画像のクリックで拡大表示]

(文/大竹敏之)