成功のカギを握るのは、質と量の確保

 新商品の「濃厚旨みバナナ」(298円)を試食したが、もっちりとした食感と強い甘みが印象的。「スーパーではすでに標高差別で価格帯の違う商品をそろえているので、市場にはほとんど出回っていない超高地栽培のバナナを開発した」と、セブン&アイ・ホールディングス 食品チーフマーチャンダイザーの藍原康雅氏は話す。

「セブンプレミアムフレッシュ 濃厚旨みバナナ」。土作りから行った専用農地で栽培。1000m以上で栽培することで糖度が高くなるという。追熟加工期間を長くとって色味の濃い果肉に仕上げている
「セブンプレミアムフレッシュ 濃厚旨みバナナ」。土作りから行った専用農地で栽培。1000m以上で栽培することで糖度が高くなるという。追熟加工期間を長くとって色味の濃い果肉に仕上げている
[画像のクリックで拡大表示]

 成功のカギを握るのは、質と量の確保だ。「グループ全体で扱うためにはある程度の量が必要なため、以前からある『顔が見える』シリーズの和牛などは数が用意できないのでセブンプレミアム フレッシュとしては展開できない。今回のバナナやカナダポーク、アトランティックサーモンのように契約生産するのは時間と手間がかかるので、同様の商品をすぐに出すのは難しい」(藍原氏)という。

 セブンプレミアム フレッシュが軌道に乗り、コンビニでも展開すれば「高品質で手ごろな生鮮を買うならコンビニ」という新たな消費スタイルが生まれるかもしれない。

「カナダポーク」(100g148円)。小麦を多く配合した飼料を採用し、さっぱりとした味わいになったという。会場でトンカツを試食したが、歯ごたえは柔らかく、甘みが感じられた
「カナダポーク」(100g148円)。小麦を多く配合した飼料を採用し、さっぱりとした味わいになったという。会場でトンカツを試食したが、歯ごたえは柔らかく、甘みが感じられた
[画像のクリックで拡大表示]
「アトランティックサーモン」(100g 398円)。卵から養殖まで一括管理したサーモンをノルウェーから空輸している
「アトランティックサーモン」(100g 398円)。卵から養殖まで一括管理したサーモンをノルウェーから空輸している
[画像のクリックで拡大表示]
発表会ではカフェラテ用に冷たい状態のミルクを1杯ずつ温めて出す機能を搭載した新しいコーヒーマシンも展示。現在は約1割の店舗で設置されており、2017年12月末までに全店導入を目標としている
発表会ではカフェラテ用に冷たい状態のミルクを1杯ずつ温めて出す機能を搭載した新しいコーヒーマシンも展示。現在は約1割の店舗で設置されており、2017年12月末までに全店導入を目標としている
[画像のクリックで拡大表示]

(文/樋口可奈子=日経トレンディネット)