第3クール放送なるか!? 最終回を機に改めて知る『おそ松さん』人気の秘密(画像)

 『おそ松くん』は、まったく同じ顔をした6つ子のおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、 トド松が主人公の、赤塚不二夫による名作ギャグマンガだ。6つ子のほか、一世を風靡した「シェ―」でおなじみ、出っ歯のイヤミや、チビ太、デカパンなど強烈なキャラを覚えている昭和生まれの人も多いだろう。

 そんな昭和の時代に「おそ松“くん”」だった彼らが、時をへて全員ニートのダメな大人「おそ松“さん”」になって平成の現代に帰ってきたという設定で、赤塚不二夫生誕80周年記念として制作されたアニメ『おそ松さん』が、現在10~30代の女性を中心に大ブームになった。2015年10月に第1クールがスタートし、2016年3月29日に第2クールが終了。早くも“おそ松ロス”現象が起きている。

 『おそ松さん』で表紙や付録、特集を組んだアニメ誌『アニメディア』(学研プラス)、 『PASH!』(主婦と生活社)、『アニメージュ』(徳間書店)は軒並み完売。重版がかかるほどの人気になった。キャラクターグッズは、作中でおそ松たちが着ているものと同じパーカーから、定番のキーホルダー、ポーチやスマホケースなど、全種類を把握するのは不可能なほど数多く製作されており、どれも非常によく売れているという。数量限定販売の商品は瞬時に完売となることも多い。

 野球日本代表「侍ジャパン」とコラボした3月5日(土)、6日(日)の「日本通運 presents 侍ジャパン強化試合 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」では観戦席チケット「おそ松さんシート」が即完売。池袋ナンジャタウンや渋谷のタワーレコード、渋谷パルコ、東京スカイツリーなどとコラボしたカフェでは、キャラクターをイメージしたメニューやここでしか買えないグッズを求めて連日長蛇の列 ができた。2016年2月23日~3月14日まで行なわれたファミリーマートとのコラボ企画による、クリアファイルのプレゼントキャンペーン「ファミリーマート×おそ松さん ファミリーマートのホワイトデー プレゼントキャンペーン」は、午前7時の開始とともに早朝からクリアファイルを求める人が続々来店し、当日の午前中にはほとんどの店舗で品切れとなったという。

  かわいらしくはあるが、わかりやすいイケメンの絵柄ではないし、何がそんなに女性たちを惹きつけるのか疑問に思う人も多いだろう。子どものためにグッズ集めに走り回る親世代の中には、そこまで熱中する気持ちが分からないという人もいると思う。