パッケージ版の売れ行きの良さで第3シーズンに期待

 また、おそ松たちが探偵になったり、イケメンアイドルになったり、ニートなはずなのに企業の面接官になったりと、赤塚原作でも多用されていたスターシステム(※2)を使用してコントを演じることで、キャラの魅力がいっそう引き立ち、深まっていく。例えば『8時だョ! 全員集合』の中で志村けんをひいき目に見ていたような気持ちで、推し松を見つけて楽しむこともできるだろう。 ストーリーのバリエーションも多彩で、多数のショートストーリーで構成されるもの(第3 話、第17話、第19話)、6つ子は一切登場せず、デカパンとダヨーンだけが登場するシュールなロードムービー(第7話)などのほか、ギャグ話の後にとつぜん「恋する十四松」(第9話)のように感涙必至の物語が組み込まれるため、毎回予想もつかない展開となっている。さらに最終回目前の24話では、“クズでニート”のはずの6つ子がそれぞれ実家を出るという衝撃の展開に。今までのギャグテイストから一転して描かれるシリアスな家族ドラマにTwitterなどネットは騒然とした。茶の間のちゃぶ台を囲んで描かれた家族の風景は、昭和の名作ドラマ『寺内貫太郎一家』をも彷彿とさせるとさえ思う。原作のイメージを壊さないまま、シュールさとギャグは現代に通じるアレンジを施した“昭和90年テイスト”でつづられる『おそ松さん』ワールド。少しでも気になった人には、一見の価値があるとはっきりいえる。

 現段階では1月29日に発売になった第1巻の初週の売り上げがオリコンチャートのアニメ部門で同時に首位を成し遂げており、また人気の高い第5話が収録されている第2巻も売れている。一般的にはDVD・BDの売り上げはその後のアニメ制作に大きな影響を与えると言われているが、今後新たなシーズン制作が発表されるかどうか。まだまだ「おそ松さん」から目が離せない。

おそ松さん 第一松
おそ松さん 第一松
2016年1月29日発売:ブルーレイディスク7344円(税込み)/DVD6264円
おそ松さん 第二松
おそ松さん 第二松
2016年2月26日発売:ブルーレイディスク7344円(税込み)/DVD6264円
おそ松さん 第三松
おそ松さん 第三松
2016年3月25日発売:ブルーレイディスク7344円(税込み)/DVD6264円

※5:赤塚不二夫公認サイトでは赤塚マンガでは「イヤミが水戸黄門になったり」するなどの「一回限りの設定が多く」使われており、「赤塚キャラは、マンガのなかでの役者と考えられていました。これを大きくは、スターシステムといいます」と解説している。


(文/榎本 志津子)