■秋頃

◎N-BOX(ホンダ)

クルマは「PHV」が主役へ、「ほぼ自動運転」も急増(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

■冬

◎CX-6(マツダ)

クルマは「PHV」が主役へ、「ほぼ自動運転」も急増(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 CX-5の車体後部を延長するなどして3列シート化。マツダが16年にミニバンの販売を実質終了したのに伴い、その置き換えとして投入される可能性が高い。価格は300万円台か。


◎ジューク(日産自動車)

クルマは「PHV」が主役へ、「ほぼ自動運転」も急増(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 小型SUVの火付け役が7年ぶりに全面刷新。自動運転技術に加えエンジンで発電してモーターで走る「e-POWER」モデルの可能性も。価格は200万円前後からか。

◎スペーシア(スズキ)

◎タント(ダイハツ工業)

クルマは「PHV」が主役へ、「ほぼ自動運転」も急増(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
クルマは「PHV」が主役へ、「ほぼ自動運転」も急増(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 N-BOX(ホンダ)、スペーシア(スズキ)タント(ダイハツ工業)の、人気軽トールワゴン3モデルが、10月に開催される東京モーターショーに合わせて全面刷新される可能性が高い。いずれも室内空間の広さと利用効率に磨きをかけ、燃費も30km/Lを大きく上回りそう。

(文/日経トレンディ編集部)

(※日経トレンディ2017年2月号の記事を再構成)