クリームなしシュークリームがおつまみに!?

 また、「ニコラハウス」(東京・表参道)は2015年からシューケットを使ったオリジナルサンドイッチ「シューサレドイッチ」の販売を開始した。フランスパンを使用したサンドイッチに比べると軟らかくて食べやすいうえ、中が空洞なのでカロリーが低いことから、若い女性に人気。「具と同じくらい風味豊かなシュー皮も楽しんでいただきたいので、作り置きはしないで毎日仕込んでいる」(ニコラハウスのシェフで料理研究家のニコラシャール氏)とのこと。

 両店のシューケットを味わってみたが、ひとくちサイズだとかんだときに外側のカリカリ感、内側のしっとり感を同時に味わえる。シューの新しいおいしさを発見した思いだった。また塩味のシューケットは、焼き立ての香ばしい風味に驚いた。ワインやビールとの相性も抜群なので、花見のシーズンの新しいおつまみとしてもブレイクするかもしれない。

「うさぎシュークリーム」が人気の「ニコラハウス」(渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル 1階・2階)。営業時間は平日11時~20時、土・日は10時~20時
「うさぎシュークリーム」が人気の「ニコラハウス」(渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル 1階・2階)。営業時間は平日11時~20時、土・日は10時~20時
[画像のクリックで拡大表示]
「ニコラハウス」で提供している「シューサレドイッチ」。写真はあんこにローズマリーの香りを添えた「ローズマリーあんこ」(820円)
「ニコラハウス」で提供している「シューサレドイッチ」。写真はあんこにローズマリーの香りを添えた「ローズマリーあんこ」(820円)
[画像のクリックで拡大表示]
「ニコラハウス」がカフェで提供している「シューサレドイッチ」プレート(780円~960円、右端の「フォアグラプレミアムは5500円)。サクッとした食感で軟らかく、フランスパンのサンドイッチよりも断然食べやすい
「ニコラハウス」がカフェで提供している「シューサレドイッチ」プレート(780円~960円、右端の「フォアグラプレミアムは5500円)。サクッとした食感で軟らかく、フランスパンのサンドイッチよりも断然食べやすい
[画像のクリックで拡大表示]
シュー生地の上にパルメザンチーズをかけ、バケット型で成型して焼き上げたオリジナルのシューサレ
シュー生地の上にパルメザンチーズをかけ、バケット型で成型して焼き上げたオリジナルのシューサレ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)