製作に最も時間がかかったのは「活字」だった

 組み立てが終ったら、次は活字を切り離す作業が待っている。ハッキリ言って、この作業が最も時間がかかって面倒だ。1文字ずつ切り離して、切り離したところに残るバリを取って行く作業は、たったの162文字なのに気が遠くなるほど終わらない。

用意されている活字は、全部で162文字。ひらがな、アルファベット大文字小文字、数字、記号類がそろっている
用意されている活字は、全部で162文字。ひらがな、アルファベット大文字小文字、数字、記号類がそろっている
[画像のクリックで拡大表示]

 活字を切り離す作業も大変だが、「活字を作る作業は本当に大変だった」と吉野編集長。「文字面がコンマ何ミリか立ち上がっていたり、つなぎの位置も上だったり、下にしてみたりと、どれもやってみないと分からないので、やっては直し、やっては直しを繰り返した」。本来、精度が必要だからこそ金属で作られる活字をプラスチックで再現するのだから、その大変さは想像に難くない。実際、活字の精度の高さに驚いたほどだ。

プラスチックの活字は成形時に収縮するが、厚みが違うと収縮の度合いも違ってくる。裏のピンが表の文字に影響して凹みができることもあるため、活字の製作には多くの時間がかかっている
プラスチックの活字は成形時に収縮するが、厚みが違うと収縮の度合いも違ってくる。裏のピンが表の文字に影響して凹みができることもあるため、活字の製作には多くの時間がかかっている
[画像のクリックで拡大表示]

 次は、実際に印刷に使う活字を拾い出して、活字台にセットする。小さな活版印刷機は、活字がひらがなとアルファベットと数字しかない。しかも、ひらがなは、50音+濁点文字+半濁点文字+小さな文字横書き用+小さな文字縦書き用+記号(句点、読点、音引きなど)の86文字。アルファベットは大文字+小文字(a、e、i、o、p、u、yは2文字ずつ)+数字+記号(カンマやピリオド、?、!、ハイフンなど)の76文字。これらを組み合わせて、文字列を作る必要がある。

必要な活字を1文字ずつ拾い出していく
必要な活字を1文字ずつ拾い出していく
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者の名前「のうとみやすくに」には重なる文字がないから、まずはひらがなの名刺を作ることにした。活字の山から、「のうとみやすくに」の8文字を探すのに手間がかかる。説明書にあるように、文字列順に並べてシール付きのスチロールパネルなどにくっつけておけば良かったと少し反省した。

 活版印刷の場合、この必要な活字をピックアップすることを「活字を拾う」というのだが、実際に自分でやってみると、その大変さが身に染みる。これを、漢字も含めて本1冊分も拾う当時の印刷会社の人々の苦労がしのばれる。活字を拾う現場に何度か立ち合ったことがあり、ものすごい速さで文字を拾っていく職人に驚いたものだが、この作業は本当に過酷だ。

 ともあれ、文字を拾って、活字台にセットしていく。「らいたー」という文字も入れて、ついでに、アルファベットでTwitterのIDである「@notomi」も入れることした。都合が良いことに、「o」は2文字用意されていたから、全部を1回の刷りで完了できる。活字は追加販売されているので、追加購入すれば、メールアドレスも入れられそうだ。

 今回用意されている活字は、「秀英明朝」という活版印刷華やかなりし明治時代に生まれた書体。現在もパソコン用のフォントとして使われている書体だ。毛筆の線を生かした味わい深い書体は、いかにも活版印刷という雰囲気が出る。この書体についてのコラムが本誌にあり、伝統書体と現代のフォントをつなぐ、とても興味深い内容だった。そういえば、かつてパソコン上で縦書きで文章を読むための「T-Time」というツールがあって、メインに使われていた書体も秀英明朝だった。日本語を読むための書体なのだ。

 活字台に活字を並べる際に注意するのは、左から読ませたい文字は、右からセットするということ。印鑑同様、活字は裏文字になっているから、刷ると左右が逆になる。うっかり間違えやすいので注意。活字を並べ直す際は、付属の活字外し器を使う。こういうものまで用意しているのが大人の科学マガジンの素晴らしいところだ。また、活字はしっかりと活字台に差し込む。ここで凹凸があるとうまく印刷できないのだ。

活字台に、活字を並べていく。左右が逆になることを考えてレイアウトしよう。レイアウトが決まったら、両面テープで活字を活字台にしっかり貼り付ける
活字台に、活字を並べていく。左右が逆になることを考えてレイアウトしよう。レイアウトが決まったら、両面テープで活字を活字台にしっかり貼り付ける
[画像のクリックで拡大表示]
印刷機に活字台をセットしたところ
印刷機に活字台をセットしたところ
[画像のクリックで拡大表示]