ここ数年、コンビニでよく見かけるようになった変わり種おにぎり。卵かけ風ご飯や空揚げが丸ごと入ったものだけでなく、カップラーメン味やポテトチップス味などのコラボ商品も登場している。一方で、家庭で作るおにぎりといえば、梅干しやサケなどがいまだに定番だろう。マンネリ化しているともいえる家庭のおにぎりのバリエーションを増やす新商品が、2017年2月12日に発売される。

 味の素冷凍食品の「おにぎり丸」は、おにぎりの具材のみを冷凍した商品。凍ったままの具材を温かいご飯の上にのせて握るだけで、具材たっぷりでボリューム感のあるおにぎりを作ることができる。しかも中身はカレーやギョーザなど、おかずの定番メニューだ。しっとりとした食感と、冷めても食べやすい味付けを意識したというが、いったいどんな商品なのだろうか。開発担当者に聞いた。

「おにぎり丸」は「甘口ポークカレー」「おいしいギョーザ」「野菜たっぷりビビンバ」「甘くち麻婆豆腐」「ちいさな豚角煮」の全5種類。予想実売価格は各200円前後(編集部推定)
「おにぎり丸」は「甘口ポークカレー」「おいしいギョーザ」「野菜たっぷりビビンバ」「甘くち麻婆豆腐」「ちいさな豚角煮」の全5種類。予想実売価格は各200円前後(編集部推定)
[画像のクリックで拡大表示]
「おにぎり丸」を使ったおにぎりを2つに割ったもの。炊きたてご飯なら15分ほど、温かいご飯なら30分ほどで中の具材が自然解凍されて食べられるようになる
「おにぎり丸」を使ったおにぎりを2つに割ったもの。炊きたてご飯なら15分ほど、温かいご飯なら30分ほどで中の具材が自然解凍されて食べられるようになる
[画像のクリックで拡大表示]