ここ最近、麺の代わりに豆腐や肉を入れた“麺なしラーメン”を提供するラーメン店が続々と増えている。前回の記事「“麺なしラーメン”大増殖の怪 代わりに肉や豆腐!?」では麺なしラーメンを提供する3店舗を紹介したが、後編ではそれぞれのラーメン店、そしてカップ入りの「麺なしラーメン」を発売した日清食品に、麺を抜いた理由を聞いた。

ロカボブームに加え、「飽きさせない」という狙いも

  麺なしラーメン増加の背景には、ロカボ(糖質を制限した食事)ブームもあるだろう。人気メニューのラーメンの糖質オフシリーズとして「7種の魚介らーめん 麺抜き」を提供する無添くら寿司の狙いは、その名の通り糖質オフだ。

 だが、舎鈴を運営する松富士食品 営業企画部の平澤歩氏は、「顧客の来店回数をもっと増やしたいということも、麺の代わりに肉を使った『つけ肉』発売の目的のひとつ。同じ店舗でもつけめんとつけ肉、2種類のメニューを交互に食べることで飽きずに通うことができる」と話す。

 また、一風堂の「白丸とんこつ豆腐」は糖質オフを狙ったのではなく、「豚骨スープに豆腐を入れたらおいしかったというのが主な理由」だと、同店を運営する力の源ホールディングス広報の山口恵子氏は説明する。「一風堂の看板ラーメンである白丸元味の新しい味わいを楽しんでもらいたい」(山口氏)と、顧客満足の拡大や新規顧客の開拓を狙う。実際に「想像よりもボリュームがあった」という声や「お酒を飲んだ後のシメにいい」という声も多いそうだ。また、糖質を気にする人はもちろん、小麦アレルギーで麺が食べられない人からも喜ばれているという。「時間はかかると思うが、今後の広がりに大きな可能性を感じている。これからも地道に取り組んでいきたい」と山口氏は話す。

2017年12月12日から提供を開始した一風堂の新・麺なしメニュー「赤丸とんこつ豆腐」(税込み850円)。絹ごしとんこつスープをベースに、唐辛子、ヤンニンジャン、豆板醤、ゴマ油をミックスした辛味噌を加え、キリッとした辛味だけでなく後を引くうまみがあるのが特徴
2017年12月12日から提供を開始した一風堂の新・麺なしメニュー「赤丸とんこつ豆腐」(税込み850円)。絹ごしとんこつスープをベースに、唐辛子、ヤンニンジャン、豆板醤、ゴマ油をミックスした辛味噌を加え、キリッとした辛味だけでなく後を引くうまみがあるのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
「からかとんこつ豆腐(税込み890円)。絹ごしとんこつスープをベースに、豆板醤や甜麺醤などを独自に配合した肉味噌をトッピングし、山椒などのスパイスを利かせている
「からかとんこつ豆腐(税込み890円)。絹ごしとんこつスープをベースに、豆板醤や甜麺醤などを独自に配合した肉味噌をトッピングし、山椒などのスパイスを利かせている
[画像のクリックで拡大表示]