ラーメンなのに麺がない――。ラーメンの定義を根底から覆す、“麺なし”のラーメンを提供する店がここ最近急増している。その火付け役ともいえるのが、人気ラーメンチェーン「一風堂」だ。看板ラーメンである「白丸元味」の麺を抜き、豆腐を入れた「白丸とんこつ豆腐」の提供を2016年3月1日から3店舗で開始したところ、すぐに人気商品となり、提供店を9店舗に拡大。さらに2017年12月12日から2018年3月31日までの期間限定で、全国45店舗で提供している。

  つけめんの有名店「六厘舎」の系列店で全国に29店舗を展開する「舎鈴」では、2016年8月から麺を肉に変更できる「つけ肉」を提供。当初は八重洲店1店舗のみだったが、現在は7店舗で提供している(2018年1月現在)。2012年からラーメンシリーズ「7種の魚介らーめん」を提供している「無添くら寿司」でも糖質オフシリーズ商品の1つとして2017年8月31日から「7種の魚介らーめん 麺抜き」(全4種)の提供を開始。

 健康のために低糖質を心がけている人には朗報かもしれないが、ラーメンから麺を抜いたら単なるスープの一種。もはや「ラーメン」とは呼べない別の料理ではないだろうか。本当に麺抜きでもラーメンを食べたという満足感が得られるのか。

スープを味わうなら麺より豆腐!

 一風堂は1985年に福岡市で「博多 一風堂」として創業。1995年に東京・広尾に東京1号店をオープンし、現在は全国で130店舗以上を展開している。

 運ばれてきた白丸とんこつ豆腐の中身は白濁したスープに隠れていて、普通のラーメンと違いはそれほど分からない。豆腐はレンゲですくおうとするとホロホロとくずれる。ある程度の硬さがあったほうが、食べ応えがあるのではないかと感じながら口に入れると、軟らかい豆腐とスープの一体感で、まるで「ラーメンスープそのものを食べている」ような感覚。

「一風堂 白丸とんこつ豆腐」(税込み790円)は18時間の調理と丸1日の熟成を経た濃厚なとんこつスープに、麺ではなく1丁分(250g)の豆腐を入れている
「一風堂 白丸とんこつ豆腐」(税込み790円)は18時間の調理と丸1日の熟成を経た濃厚なとんこつスープに、麺ではなく1丁分(250g)の豆腐を入れている
[画像のクリックで拡大表示]

 豆腐を食べきったところで、ちょうどスープもなくなる。普通のラーメンよりも「スープを味わい切った」という満足度が高かった。難点は、「すする」「かむ」という食感の変化がないせいか、途中で少し飽きてくることだ。だがそれも、メニューの食べ方ガイドに従って、卓上に置かれている無料のトッピングを加えることで解消した。「スープを純粋に味わうなら、麺より豆腐!」という新発見をした思いだった。

卓上に置かれている無料トッピングの高菜を入れて“ピリ辛”にもできる
卓上に置かれている無料トッピングの高菜を入れて“ピリ辛”にもできる
[画像のクリックで拡大表示]
「一風堂 上野広小路店」(台東区上野3-17-5)。上野広小路駅から徒歩2分、御徒町駅から徒歩5分。営業時間は月~木と日曜が11~翌2時。金・土・祝前日が11~翌3時。無休
「一風堂 上野広小路店」(台東区上野3-17-5)。上野広小路駅から徒歩2分、御徒町駅から徒歩5分。営業時間は月~木と日曜が11~翌2時。金・土・祝前日が11~翌3時。無休
[画像のクリックで拡大表示]