あの「ゾイド」がスマートフォン用のオンラインバトルゲームになった

 ゲームビジネスへの再参入にあたり、開発中のタイトルがもう1作ある。1983年にトミーのオリジナル玩具として誕生した、動物や恐竜をモチーフにした組み立てキットシリーズ『ZOIDS』(ゾイド)のゲームアプリ『ZOIDS FIELD OF REBELLION』(ゾイド フィールド・オブ・リベリオン)だ。今年9月、ZOIDSをリアルに表現したティザー広告が話題を呼び、2017年2月のリリースを目指して現在最後の調整を進めている。

2017年2月のリリースを目指して最終調整が進んでいる、スマートフォン向けゲームアプリ『ZOIDS FIELD OF REBELLION』
2017年2月のリリースを目指して最終調整が進んでいる、スマートフォン向けゲームアプリ『ZOIDS FIELD OF REBELLION』
[画像のクリックで拡大表示]
ティザーのビジュアルを手がけたのは、マンガやアニメをリアルに表現することで話題のアートプロジェクト「ANIMAREAL」(アニマリアル)だ
ティザーのビジュアルを手がけたのは、マンガやアニメをリアルに表現することで話題のアートプロジェクト「ANIMAREAL」(アニマリアル)だ
[画像のクリックで拡大表示]

 先に紹介した『WAR OF BRAINS』が、同社の強みであるトレーディングカードゲームのデジタル化を成功させるというミッションを担うとするならば、『ZOIDS FIELD OF REBELLION』に託されているのは自社IP(知的財産、自社の主力製品や主力コンテンツ)をゲームビジネスに生かすことにある。

 『ZOIDS FIELD OF REBELLION』のゲームカテゴリーは、4対4で戦う「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」(MOBA)というもの。世界的なムーブメントとなっているe-Sportsの中でも、最も参加者が多いと言われるPCゲーム『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンズ)と同じジャンルだ。

 『ZOIDS』には、大型ゾイドや小型ゾイドなどさまざまなサイズのゾイドが存在し、キャラクターが豊富。自分の武器を増強することもしやすく、コンテンツ的にMOBAと相性が良い。

『ZOIDS FIELD OF REBELLION』は、4対4で戦う「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」(MOBA)だ
『ZOIDS FIELD OF REBELLION』は、4対4で戦う「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」(MOBA)だ
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン向けのMOBAは、海外には『Vainglory』(ベイングローリー)などのヒットタイトルがあるが、国内では成功例はほとんどない。タカラトミーは、スマホゲームへの参入では後発となるが、このジャンルでは先陣となれる可能性がある。日本においては、このジャンルの開拓は簡単ではないが、IPの力でその壁を乗り越え、さらには海外マーケットに打って出ようという狙いもあるようだ。

 少子化の時代にあって、日本のゲーム業界は世界マーケットを視野に入れた開発が前提となっている。後発ながら、海外にも受け入れられやすい戦闘もののIPなどでゲームマーケットに再び挑むタカラトミー。その戦いが、2017年にいよいよ本格化する。

(文/吉岡広統)