ヤフーは2015年12月15日、「一休.com」を運営する一休を完全子会社化するべく、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。高級ホテルやレストランなどの予約サイトとして知られる一休を買収するヤフーの狙いはどこにあるのだろうか。

ヤフーが一休をTOBで買収

 年の瀬になっても大きな発表が相次ぐインターネット業界だが、2015年12月15日にも大きな発表がなされた。それは、ポータルサイト「Yahoo! Japan」を運営するヤフーが、「一休.com」を運営している一休を買収すると発表したことだ。

 両社の発表内容によると、ヤフーが一休を完全子会社化するためTOBを実施。12月16日から来年の2月3日にかけて株式の買い付けを実施することで、一休の全株式を取得する予定だとしている。買収にかかる金額は約1000億に達すると見られている。

 一休が運営する一休.comは、高級なホテルや旅館、そしてレストランの予約に特化したWebサービスとして知られている。宿泊施設の予約や、レストランの予約サービスを提供しているサービスはいくつか存在するが、高価格帯の分野に特化し、かつそれらを統合的に提供しているサービスは少ない。そのため競争が激しい市場ながらも独自の存在感を発揮、確固たるポジションを築いている。

 ヤフーは今回の買収によって、その一休.comを手に入れることとなる。買収後も当面は一休.comのブランドや運営スタイルは維持していく方針とのことで、一休.comのサービスが急に大きく変化するわけではない。だが将来的には、ヤフーの既存サービスとの連携などが積極的に進められていくものと考えられる。

 しかしなぜ、宿泊・飲食のオンライン予約サービスを既に展開しているヤフーが、一休の買収に踏み切ったのだろうか。そしてヤフーは一休の買収で、何を狙おうとしているのだろうか。

ヤフーは12月15日に「一休.com」を運営する一休を買収すると発表した
ヤフーは12月15日に「一休.com」を運営する一休を買収すると発表した
[画像のクリックで拡大表示]