スマートフォン向けゲームなどを手がけるグリーとアミューズメント施設運営などを手がけるアドアーズは、VR(仮想現実)を利用したアトラクションが楽しめる施設「VR PARK TOKYO」を2016年12月16日にオープンした。どんなゲームが楽しめるのか、オープン前に体験してきた。

 VRを使ったアミューズメント施設には、今年10月中旬までの期間限定で営業していたナムコの「VR ZONE Project i Can」、VR空間を歩き回ってプレーするセガ・ライブクリエイションの「ZERO LATENCY VR」などがあるが、これらはいずれも東京・お台場にあり、都心からは少し離れている(関連記事:怖さで絶叫、膝はガクガク、ナムコのVR施設が楽しい!ゾンビを撃ちまくれ! 新VRアトラクションがオープン)。今回オープンしたVR PARK TOKYOは、東京・渋谷駅に近いアミューズメント施設の4階と、気軽に行ける場所にある。

 VR PARK TOKYOは、323平方メートルのスペースに、野球盤やお化け退治などを題材にしたVRゲームが6種類並ぶ。12月下旬~2017年1月初旬には、バンジージャンプを仮想体験できるゲームも追加され、全部で7種類になる予定だ。いずれのゲームもヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着し、1~4人で体験する。料金は1人で利用する場合は3300円、2人以上で利用する場合は1人につき2900円で、70分間遊び放題。各日とも10時30分から22時30分までを10の枠に分け、1枠の定員は30人、70分ごとの完全入れ替え制にしている。

VRを“脱ゲームセンター”のコンテンツに

 VR PARK TOKYOは、グリーとアドアーズの協業によって実現した。アドアーズはゲームセンターなどアミューズメント施設の運営を行っているが、ゲームセンターの集客は低下傾向にある。そこで同社では、既存の店舗の一部をカラオケやカフェ、外貨両替所などに業態変化させている。12月14日に開催された発表会で、アドアーズの上原聖司社長は「約1年前からVRを使った施設を構想していた。“脱ゲームセンター”という課題のなかで、VRは有力コンテンツとして期待している」と述べた。

 一方、スマホ向けゲームなどを手がけているグリーは、次の柱となる事業としてVRに積極的に投資している。しかし現在、本格的なVRゲームを楽しむには高価な専用ヘッドマウントディスプレー(HMD)、高性能なパソコン、ある程度広い場所などが必要で、一般家庭にすぐ普及するとは考えにくい。

 例えば、「VR PARK TOKYO」で主に使われているHMD「HTC VIVE」は9万9800円で、VRゲームを動かせるパソコンは20万円クラスになる。2016年はVR元年と呼ばれるが、こうした高性能なVR用HMDやパソコンを所有しているユーザーはまだ少なく、市場としては小さい。アミューズメント施設向けのVRコンテンツ開発はそれよりもビジネス面で期待でき、VRを体験できる場を増やして市場を盛り上げることにつながる。

 グリー取締役執行役員の荒木英士氏は「ここでは誰でも気軽に立ち寄れて、手ごろな価格でVRを楽しめる。こうした場所が増えれば、多くの人がVRを体験できるようになり、VR市場が広がることにつながる」と期待を述べた。脱ゲームセンターを目指すアドアーズと、VR市場を広げたいグリーの思惑が一致した形だ。

 アドアーズは首都圏を中心に全国に店舗を展開し、立地のよい施設を多数持っている。グリーとアドアーズでは「VR PARK TOKYO」の反応を見て、今後はそうした他の店舗にもVRコンテンツを展開していく意向だ。また将来的にはアジア圏や北米など海外市場への展開も視野に入れているという。