動く魔法のじゅうたんで飛行体験!

 このほかにも、お化けを退治するシューティングゲーム『協力! GHOST ATTACKERS VR』(グリー)、360動画でホラー映像を見る『体感ホラー VR』(ダイナモアミューズメント)などを体験したが、面白かったのは魔法のじゅうたんに乗って冒険する『ソロモンカーペット VR』(ハシラス)だ。

 HMDとコントローラーを装着してじゅうたんに乗り、モンスターを倒していくというもの。実際に足場が揺れ、さらに送風機から風が身体に当たることで、本当にじゅうたんで空を飛んでいるような浮遊感やスピード感が味わえた。高速なジェットコースターに乗っている感覚に近い。2人で乗り、協力してプレーできるので、友人同氏やカップルで楽しむのによさそうだ。このアトラクションは、MSIの背負えるVR用パソコン「VR One」を使うため、動き回りやすいのも特徴だった(関連記事:これからはVRも仕事もMSIの背負えるパソコンで!【TGS2016】)。

渋谷駅そばにVR施設を開設 “脱ゲーセン”を目指す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷駅そばにVR施設を開設 “脱ゲーセン”を目指す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
広いカーペットに乗って飛行する「ソロモンカーペット VR」。飛行しながら、手にしたコントローラーで敵を倒して進む
「ソロモンカーペット VR」は1人でもプレーできるが、2人で協力プレーをするとさらに楽しめそうだ
渋谷駅そばにVR施設を開設 “脱ゲーセン”を目指す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷駅そばにVR施設を開設 “脱ゲーセン”を目指す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
お化けを退治するシューティングゲーム『協力!GHOST ATTACKERS VR』。コントローラーは、HTC VIVEのものに銃の形をした持ち手を付けたもの。1人でも2人でもプレーできる
野球盤を題材にした「対戦!ハチャメチャスタジアムVR」。1人でも2人でもプレーでき、2人の場合は投げる側と打つ側とで対戦する
野球盤を題材にした「対戦!ハチャメチャスタジアムVR」。1人でも2人でもプレーでき、2人の場合は投げる側と打つ側とで対戦する
[画像のクリックで拡大表示]

 剣と盾と魔法でモンスターと戦う『CIRCLE Of SAVIORS BEGINNERS』(PDトウキョウ)は、遊んでいる模様を撮影してモニター上でゲーム内のCGと合成して見せてくれる仕組みが面白い。プレーしている本人だけでなく、周囲の人もそれを見て楽しめる。VR PARK TOKYO内のほか、アドアーズ渋谷店の1階にも設置されていて、そちらの方が完全版。プレー時間は変わらないがすべてのアイテムや魔法を使えるそうだ。

「CIRCLE Of SAVIORS」は、遊んでいる模様を撮影して、ゲーム内のCGと合成する仕組みを体験できる。実演したのは、アクション女優の辻彩加さん。さすがに剣さばきの切れが違う……
「CIRCLE Of SAVIORS」は、遊んでいる模様を撮影して、ゲーム内のCGと合成する仕組みを体験できる。実演したのは、アクション女優の辻彩加さん。さすがに剣さばきの切れが違う……
[画像のクリックで拡大表示]
1人プレー用だが、ほかの人は横に設置されたモニターでプレーの模様を楽しめる

 1月上旬設置予定で残念ながら体験できなかったが、注目なのが「バンジージャンプVR(仮)」だ。安全帯で固定して空中につるされた状態で、バンジージャンプを仮想体験できるというもの。アドアーズ渋谷店の階段吹き抜けに設置される予定で、かなり怖い高所体験ができそうだ。

「バンジージャンプVR(仮)」は、奥に見える階段吹き抜け部分に設置される予定
「バンジージャンプVR(仮)」は、奥に見える階段吹き抜け部分に設置される予定
[画像のクリックで拡大表示]

複数人で簡単に遊べるのが魅力

 ナムコのVR ZONE Project i Canに比べ、VR PARK TOKYOは複数人数で協力プレーや対戦プレーができるアトラクションを中心にしていることが特徴だ。どのアトラクションも、係員がHMDの装着を手伝ってくれてゲーム中も指示を出してくれるので、操作に戸惑うこともなかった。また、どれも没入感は高いが、ゲームとしての難易度は低めで、気楽に遊べた。5~10分ほどの短時間で終わり、疲れやVR酔いを感じることもなかった。ゲーム性よりもVR体験を重視した作りで、ゲームを普段やらない人やVRに不慣れな人でも十分楽しめるだろう。料金は高く感じるが、友人同士で楽しんだり、カップルのデートスポットなどに良さそうだ。

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)