年の瀬も近づき、冬のボーナスで懐具合がちょっと温かくなった人も多いだろう。自分のためのご褒美を購入する人もいるかと思うが、その選択肢のひとつにおすすめしたいのが、ソニーが発売した、約3万円の腕時計「FES Watch」だ。

電子ペーパーを使った、いままでにないソニーの腕時計「FES Watch」。価格は2万9700円(税込み)
電子ペーパーを使った、いままでにないソニーの腕時計「FES Watch」。価格は2万9700円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 FES Watchは電子ペーパーを採用した新感覚の腕時計。ソニー製でデジタルな風合いをかもし出しているので、一見すると「スマートウオッチ!?」と思ってしまう人もいるだろう。しかし、スマホなどとの連携機能は一切なく、あくまでも純粋な腕時計。むしろファッションアイテムといってもいい。

デザインが24通りに変化

 最大の特徴は、電子ペーパーの利点を生かし、ボタンひとつで腕時計全体のデザインを24パターンに変更できること。文字盤だけでなくバンド部分も含めたデザインを変更できるため、FES Watchひとつで複数の腕時計を持っているのと同じような感覚で利用できる。しかも、デザイン変更はボタンを押すだけでOK。物理的にバンド部分を取り替える従来の腕時計とは比較にならないほど簡単に変えられる。

 また、一般的なディスプレーと違い、素材を自由に曲げて利用できるうえに、形状が丸形なのも特徴のひとつ。硬質なプラスチックとは違って身体へのフィット感があり、腕時計としてのスタイルをそのまま残している。

FES Watchで選べるデザインパターン。24種類から選べる
FES Watchで選べるデザインパターン。24種類から選べる
[画像のクリックで拡大表示]
同じ服装でも、デザインを変えるだけで印象が変わる
同じ服装でも、デザインを変えるだけで印象が変わる
[画像のクリックで拡大表示]

 FES Watchは社内スタートアップを育成するソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から誕生した。そのためこれまではソニーが同プログラムで設立したクラウドファンディングとEC機能を持つ「First Flight」など、一部のサイトでしか購入できなかった。

 しかし、2015年11月から一般店頭発売がスタート。現在は東京の「MoMAデザインストア」や「伊勢丹新宿店」のほか、関西でも雑貨や小物を取りそろえるセレクトショップ「KBFBOX」のグランフロント大阪店、西宮ガーデンズ店、名古屋PARCO店、博多阪急店で購入可能だ(詳細はこちら:http://fashion-entertainments.com/store.html)。