ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear」の本体(右)と充電に対応した専用ケース(左)。Bluetooth 4.1とNFCを搭載する。カラーはグラファイトブラックのみ
ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear」の本体(右)と充電に対応した専用ケース(左)。Bluetooth 4.1とNFCを搭載する。カラーはグラファイトブラックのみ
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年11月18日、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear(型名:XEA10)」(1万9000円)が発売された。同社によれば予約段階から予想を上回る反響があり、現在も品薄状態が続いているとのことだ(2016年11月29日時点)。

 Xperia Earのコンセプトや主な機能は、以前に掲載した記事「ソニーXperiaの『スマートイヤホン』は何が面白い?」でもお伝えしたが、その実力はどうだろうか。実際の使い勝手を検証するとともに、開発者の声から製品の秘密を探る。

グーグルやSiriと何が違う?

 改めてXperia Earの基本的な機能を紹介しよう。片耳タイプのBluetoothヘッドセットをベースに、スマホの専用アプリと組み合わせることで、「耳」や「声」を中心としたさまざまな機能に対応している。

 例えば天気やスケジュール、最新ニュースを読み上げてくれ、その内容を耳で確認できる。また、グーグルアプリの音声操作やiPhoneのSiriにはない強みとして、LINEやSNSのメッセージ内容を読み上げてくれたり声で返信できる機能がある。さらに、ユーザーが操作せずともXperia Earが自発的に情報を教えてくれる秘書的な機能も特徴だ。このあたりは後で詳しく説明する。

専用アプリのメイン画面。スマホの対応OSはAndroid 4.4以上で、専用アプリの提供もAndroid版のみ。現時点では、iPhoneでは利用できない
専用アプリのメイン画面。スマホの対応OSはAndroid 4.4以上で、専用アプリの提供もAndroid版のみ。現時点では、iPhoneでは利用できない
[画像のクリックで拡大表示]

 製品イメージとしては、スマートウォッチの「イヤホン版」といったところ。両手がふさがっていたり、画面が見づらいシチュエーションでは、スマートウォッチ以上の使い勝手を発揮する。出勤・通学での移動中や、庭や倉庫での作業中などにも役立つだろう。もちろん、デスクワークや家事の最中に使っても便利だ。

 開発者のひとりであるソニーモバイルコミュニケーションズの青山龍氏によれば、「スマホでの通話利用が減っている」という現状がポイントだそうだ。そのため、Xperia Earは「メッセージを耳で聞いて言葉で返信するコミュニケーションスタイル」をコンセプトに開発されたという。

ソニーモバイルコミュニケーションズ Experience Plannerの青山龍氏
ソニーモバイルコミュニケーションズ Experience Plannerの青山龍氏
[画像のクリックで拡大表示]

小さいが落ちにくい

 本体デザインは、全体的にすっきりしており、サイズ感もヘッドセットとしてはかなり小型の部類だ。ボタンやLEDは1つずつしか搭載せず、シンプルにまとまっている。

 装着感は、男性の筆者の耳だとすっぽり収まる感じ。安定感があり、すぐに落ちてしまうような不安定さは感じなかった。また付属のイヤーピースとアークサポーターで調整できる。筆者の場合、アークサポーターがあれば小走り程度でも問題なかった。

 Xperia Earの連続通話時間は約4時間、待受時間は約80時間。専用ケースは約12時間分(満充電3回分)のバッテリーを内蔵し、収納時に自動で充電してくれる。なお、Xperia Earには電源がなく、ケースから取り出すと自動的に電源がONになりペアリングする。逆に、収納すると自動でOFFになる。ペアリングはスムーズで、取り出して耳に着けるぐらいの時間で完了する。

本体の重さは約6.6g。小型・軽量ボディーなので、装着時における重量のストレスは特に感じなかった。左右どちらの耳にも装着可能
本体の重さは約6.6g。小型・軽量ボディーなので、装着時における重量のストレスは特に感じなかった。左右どちらの耳にも装着可能
[画像のクリックで拡大表示]
イヤーピースは、周囲の音が聞こえるオープンタイプ(左側の1サイズのみ)と、密閉性の高いカナルタイプ(右側上段の3サイズ)を用意。装着時の安定性を高めるアークサポーター(右側下段の3サイズ)も付属する
イヤーピースは、周囲の音が聞こえるオープンタイプ(左側の1サイズのみ)と、密閉性の高いカナルタイプ(右側上段の3サイズ)を用意。装着時の安定性を高めるアークサポーター(右側下段の3サイズ)も付属する
[画像のクリックで拡大表示]
品薄続くソニーの「スマートイヤホン」、その実力は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
品薄続くソニーの「スマートイヤホン」、その実力は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
オープンタイプのイヤーピース装着時(左)とカナルタイプのイヤーピース+アークサポーター装着時(右)。耳の内部を圧迫しないオープンタイプは周囲の音が聞きやすく長時間利用にも向いているが、安定性はカナル型の方が上。ただ、オープンタイプでも、アークサポーターを併用すれば安定感はかなり高まる
約12時間分のバッテリーを内臓した専用ケース
約12時間分のバッテリーを内臓した専用ケース
[画像のクリックで拡大表示]