ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」(右が本体で、左がワイヤレスユニット)。リビングに溶け込むシンプルなデザインや、片手で持ち運べるコンパクトサイズも魅力のひとつだ。価格は9万2000円
ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」(右が本体で、左がワイヤレスユニット)。リビングに溶け込むシンプルなデザインや、片手で持ち運べるコンパクトサイズも魅力のひとつだ。価格は9万2000円
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年2月13日に発売されたソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」(9万2000円)の人気がとどまることを知らない。2016年1月20日の発表直後から予約が殺到し、発売前に増産が決定。発売後も好調をキープし、長い間品薄状態が続く人気ぶりだ。

 2016年4月に起きた熊本地震で基幹部品を扱う工場が被災し、一部パーツが生産できず製品供給に影響が出てしまった点もあるが(2016年11月時点では既に安定化)、その注目度はいまだに高い。

 いったいLSPX-P1の何が人々を引き付けたのか。今回は開発者のインタビューを交えながら開発経緯などをひも解くとともに、LSPX-P1の魅力を改めて探ってみたい。

壁に密着した状態で投影できる

 LSPX-P1の詳細については、以前の記事「注文殺到で品切れに! ソニーの『画期的』小型プロジェクターを使ってみた」で詳しく紹介しているが、ここで簡単に振り返っておこう。

 「超短焦点」の名前が示す通り、LSPX-P1の最大の特徴は焦点距離の短さだ。通常のプロジェクターと違って壁に密着した状態で投影できるほか、わずか28cmの距離から80インチの大画面を投映できる。

 設置場所を選ばないサイズ感や空間にとけこむシンプルなデザインも重要なポイント。広いリビングだけでなくワンルームでも十分利用できるので、気軽に大画面を楽しめる。さらに、机や床へダイレクトに投写できるのも、これまでにない機能性のひとつだ。

 実際の使い方としては、付属のワイヤレスユニットを接続してBlu-rayの映像や録画した番組などを大画面で楽しむのがメーンとなる。ただ、本体に内蔵されている画像を映し出す「ポスター機能」も意外に利用されていると、LSPX-P1を開発したソニー TS事業準備室の佐久間康夫氏は話す。

壁に投影した場合の利用イメージ
壁に投影した場合の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
床に投影した場合の利用イメージ
床に投影した場合の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 佐久間氏によれば、LSPX-P1は「最初から商品化が決まっていたわけではなかった」という。商品化が決まる前段階で、BDやDVDのレーザーピックアップを開発する部署が、レーザーとレンズの技術を生かして超小型プロジェクターモジュールを開発。これが2013年夏に同社の平井社長の目に留まったことが始まりだという。

 そして2014年秋、空間を活用して新しい体験を創出することをコンセプトとした「Life Space UX」のラインアップとして、正式にLSPX-P1の開発がスタートした。

ソニー TS事業準備室 4 Project シニアプロジェクトオーガナイザー 佐久間康夫氏
ソニー TS事業準備室 4 Project シニアプロジェクトオーガナイザー 佐久間康夫氏
[画像のクリックで拡大表示]